サイト内の現在位置

営業力向上を図る顧客メールの活用

顧客要望・問い合わせには、早急な対応が重要

お客様相談室やお問い合わせ窓口においては、顧客の要望・問い合わせへの早急な対応が重要です。

Enterprise Vault.cloud (EV.cloud) は、問い合わせメールの識別・通知をクラウドサービスで実現。
顧客からの問い合わせメールについて、 営業部門は、窓口担当者の対応を待つことなく、より早く顧客対応を開始できます。
マーケティング部門は、トレンドワードを含む内容や、顧客の声を拾い上げ、 営業支援・新規ビジネス創造などに活用することもできます。

企業の営業力をアップさせ、顧客満足度の向上を図れます。

顧客メール対応のリスク

お客様の要望・質問メールが、お問い合わせ窓口・相談室へ届いた際、窓口担当者は顧客の担当営業を探し出し、対応を依頼します。依頼を受けた営業はお客様への対応を開始します。
このような顧客対応の流れには以下のようなリスクがあります。

 
顧客満足度の
低下
  問い合わせが来ると、窓口担当者が問い合わせメールを確認し、顧客担当営業を探して対応を連絡する必要があり、顧客への対応開始までに時間がかかります。回答が遅くなればなるほど、お客様の心証は悪くなります。
 
作業負荷が
高い
  窓口への問い合わせが大量になればなるほど、担当者の作業負荷が高くなります。
 

EV.cloud が顧客メール対応を効率化し営業力を向上用

EV.cloudが問い合わせメールから顧客を識別し、顧客の担当営業へ問い合わせがあることを自動通知します。

  • 問い合わせメールが届くと、顧客名やドメイン名などから顧客を識別(顧客IDをタグ付け)
  • 顧客の担当営業へ自動的にメール通知(1日1回または複数回)
  • 担当営業自身が、EV.cloudにWebブラウザでアクセスして、顧客のメール内容を確認(セルフチェックが可能)
EVCを使った営業力向上によって、作業負担を軽減し、顧客満足度をUP!

システムイメージ

EVCを「営業力向上を図る顧客メールの活用」で使う場合のシステムイメージ図です。EVCがメールを分類し、各担当者の迅速な対応・作業効率化に貢献します。

EV.cloud導入効果

導入前
 
導入効果

営業
顧客対応レベルが向上
  • 窓口担当者からの連絡が遅いと、顧客への回答に時間を要してしまい、顧客からの心証が低下する
  • 担当顧客からの問い合わせメールを、営業自身が任意のタイミングで確認可能、自動通知メールも配信。窓口担当者の対応を待つことなく、応答までの時間を短縮
  • 迅速な対応によって、顧客対応力が向上

窓口担当者
窓口業務の効率化
  • 問い合わせ内容を確認、顧客担当営業を探し通知する作業に、手間と時間がかかる
  • 多数の問い合わせが来ると対応が遅延する
  • 問い合わせメールの顧客を確認、担当営業を探して、連絡する対応件数が低減

IT管理者
導入・運用はEV.cloudにお任せ
  • 多数のシステム運用管理の手間が膨大
  • EV.cloudはクラウドサービス利用。運用はサービスへお任せ
  • システム構築が不要で、短期間で利用開始

マーケティング
顧客満足度向上、営業力向上
  • 顧客の声を効率的に確認する手段がない
  • トレンドキーワードの問い合わせを確認する手段がない
  • 顧客の声をインサイドセールスへ活用
  • タイムリーで有効な営業支援
  • 新しいビジネスのアイデア発掘に活用