サイト内の現在位置

Enterprise Vault.cloud

クラウドデータアーカイブ

Enterprise Vault.cloud (EV.cloud)

Office 365/Exchange/Gmail メールアーカイブ・高速検索・容量無制限のサービス

クラウドメールの証跡保管、
監査コスト低減、長期保管、
コンプライアンス対策

社員/退職者メールの証跡保全・高速検索・長期保管により、監査対応/訴訟対応/コンプライアンス対策を支援し、経営リスクを軽減します。
安心してOffice 365/Gmailが活用できるようになります。

営業秘密漏えいによる経営リスク

情報漏えい事故が発生すると企業経営に影響が出ます。関連企業との取引停止や営業機会損失などにより社会的信用の失墜、行政処分、取引先/個人への損害賠償が発生することも考えれます。また、漏えいした情報の特定調査作業、関連先への説明に時間と人手のコストが発生します。

営業秘密である情報の漏えいは、社員の作業ミスだけではなく、退職者による漏えい、社員不正による漏えいも発生しています。(下図:円グラフ)
セキュリティ観点で不正ログイン等を避けるために、退職者のアカウントは早急に削除します。しかし、Office 365メールはアカウント削除一定期間後に自動削除されます。日数のかかるメールの追跡調査、証跡の保管(係争ではメールの長期保管・証拠提出)への備えが必要です。

コンプライアンス対策を強化!Office 365/Gmail を安心して活用

Office 365メール/Gmailを利用する場合でも、退職者/社員への不正抑止のため、また、メールの正確な監査・調査への対策によって、企業の社会的信用・取引先との関係維持を図り、短期間で調査することによる監査コストの低減、万が一の訴訟に対する証拠保全・提出へ対応できます。

本ソリューションでは、Office 365などのアカウント削除後もメールを長期間保持(容量無制限)、過去にさかのぼって業務メールを検索して監査・調査作業を軽減し、問題の過去メールを抽出・復元して証拠保全することができます。クラウドサービスして提供しコストを節約、オンプレのExchangeサーバとOffice 365 の混在、Gmailとの混在にも対応しています。

Enterprise Vault.cloud によるクラウド/オンプレのメールアーカイブサービスを提供

メール削除されても、アカウント削除後も、メールを参照できる!
問題発覚時に過去メール調査&証拠を長期保管できる!
過去メール含めメールを高速検索でき、調査にかかる時間を短縮できる!

Office 365 メール/Gmail/オンプレExchangeサーバのメールの更新ジャーナルを、Enterprise Vault.cloud(EV.cloud)に送信し保管します(容量無制限)。アカウント削除された退職者などのメールも長期保管します。

監査者は退職者/社員のメールを過去にさかのぼって検索・調査することができ、必要に応じて抽出したメールをエクスポートすることもできます。管理者/IT部門はメールアーカイブの状況をレポート/ダッシュボード等で管理できます。社員は誤って削除してしまったメールをセルフ復旧することもできます。

EV.coudは高速なメール検索性能を実現しています(下図:Veritas社調べ)。
社員が多い、または、長期間・大容量の過去メールの検索に適しています。

利用者はブラウザやモバイルからアクセス、グラフィカルな管理表示

EV.cloudの利用者は、専用ソフトのインストールは不要。WebブラウザからEV.cloudへアクセスし、管理者は専用ポータルを参照・検索などの操作、社員は自身の過去メールの参照・復旧ができます。