ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SVF
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
  7. 帳票設計 (基本製品)
ここから本文です。

WebSAM SVF - 帳票設計 (基本製品)

WebSAM SVFX-Designer (基本製品)

帳票フォームを作成するために必ず必要になる中核製品になります。
定型帳票から可変帳票、ラベル、レポートに至るまで幅広い帳票形式に対応した帳票フォーム設計環境を提供します。
GUIを使ってノンプログラミングで帳票フォームを設計でき、開発効率が格段に向上します。
また、業務プログラムと帳票フォームが分離され、帳票フォームに変更が発生してもプログラムに対する変更は不要です。
Super Visual Fomade 設計部の後継にあたりますが、バージョンアップ製品ではありません。
また、フォームファイルはSVF設計部で採用されていたfrmファイル形式ではなく、XMLファイル形式のフォームが採用されております。
frmファイルをXML形式のフォームに変換する機能が存在し、SVF設計部Ver6.3のfrmファイルのみサポートされています。
ライセンスは設計作業を行うクライアントOS端末へのインストール単位に必要になります。

画面イメージ

対応プロダクト:SVFX-DesignerとSVF Java PRODUCT環境設定

主な機能

  • GUI操作によるプログラムレスでのフォーム設計環境

  • WORD/EXCELで作成された帳票データ、スキャナで読み取られたイメージファイル(BMP)より、罫線の自動抽出、固定文字の自動認識して帳票フォームの自動生成
  • 設計関数や編集式の利用が可能
    フォーム内に70種類以上のEXCELのような関数、編集式を埋め込む事が可能
  • レポートライタ機能
    明細のセルの結合
    キーブレイクで改ページ/合計などの挿入
  • ダイナミックアトリビュート機能
    動的にアイテムの表示/非表示、値に応じてアイテムの大きさや色などの属性値を動的変更

画面イメージ

  • データからグラフの自動生成が可能
    教育機関の成績表や、進捗表、人事評価シートをはじめ、業績を可視化して一覧のレポートとしてアウトプットする帳票のシステム化が実現できます。とくに、SVFX-DesignerのGUIでやさしくグラフ表現を多用する帳票作成が行え、レスポンスの高い帳票運用(PDF出力・EMF出力・プリンタ高速印刷・XPS出力)が身近に実現できます。

帳票イメージ

対応プロダクト:SVF for PDF、SVF for Java Print、SVF for XPS
コマンド印刷・ファイル形式
:PDF、PostScript、LIPS4、RPCS、EMF、XPS

  • つづり機能
    申請書の正・副や複写伝票の設計では、つづり枚数分をレイヤーとして認識させ同時に設計可能
  • BMP、JPG、GIFなどの画像貼付に対応
  • 精細なバーコード出力が可能
  • ダイナミッククエリー機能
    フォーム上のデータフィールドとデータベース項目とを関連付けして動的なクエリ連携が可能

画面イメージダイナミッククエリー機能

  • テキストフレームで見やすい文章表現
    契約書やレポート類の文書表現を見やすく、わかりやすくするためのフォントの指定やマーキング等の装飾が設定できます。
    ※禁則処理については、行頭に句読点やカッコの終わり、行末にカッコのはじまりがこないような制御を行います。

画面イメージ

対応プロダクト:SVF for PDF、SVF for Java Print、SVF for XPS、SVF for Web/Client
コマンド印刷・ファイル形式:PDF、PostScript、LIPS4、RPCS、EMF、XPS

WebSAM Super Visual Formade 設計部 (基本製品)

本製品は旧版であり、過去のSVF製品のフォーム(frmファイル)を編集/利用したい場合のみ購入してください。
通常は本製品ではなく、SVFX-Designerを利用してください。SVFX-Designerでは旧フォーム(frmファイル)を新フォーム(XMLファイル)に変換できます。

定型帳票から可変帳票、ラベル、レポートに至るまで幅広い帳票形式に対応した帳票フォーム設計環境を提供します。
GUIを使ってノンプログラミングで帳票フォームを設計でき、開発効率が格段に向上します。
また、業務プログラムと帳票フォームが分離され、帳票フォームに変更が発生してもプログラムに対する変更は不要です。
開発テスト用として、SVF for Web/PDF Java EditionとSVF for Java Printがバンドルされていますが、これらのモジュールは本番運用サーバでの利用は禁止されています。
ライセンスは設計作業を行うクライアントOS端末のインストール台数分、必要になります。

主な機能

  • GUI操作によるプログラムレスでのフォーム設計環境
  • 設計関数や編集式の利用が可能
    フォーム内に70種類以上のEXCELのような関数、編集式を埋め込む事が可能
  • レポートライタ機能
    明細のセルの結合
    キーブレイクで改ページ/合計などの挿入
  • つづり機能
    申請書の正・副や複写伝票の設計では、つづり枚数分をレイヤーとして認識させ同時に設計可能
  • BMP画像貼付に対応
  • 精細なバーコード出力が可能

ページの先頭へ戻る