ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SVF
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
  7. データインタフェース (機能追加製品)
ここから本文です。

WebSAM SVF - データインタフェース (機能追加製品)

WebSAM SVF Connect SUITE Standard

WebSAM SVF Connect SUITE Standardは、以下のユーザアプリケーションとファイルインターフェイスで繋ぎノンプログラミングで帳票出力を自動実行するモジュール、各種開発環境でアプリケーションサーバと帳票サーバ間をシームレスに連携するモジュールなどを揃えています。
ライセンスは 帳票サーバ単位になります。

本製品は複数の製品が同梱されたスイート製品です。製品の構成は以下の通りです。

  • WebSAM Universal Connect / X Mail Edition
  • WebSAM SVF Connect for Java API
  • WebSAM SVF Connect for ASP/COM API
  • WebSAM SVF Connect for .NET Framework API

※単品での新規販売は基本的に行っていません。

WebSAM Universal Connect / X (機能追加製品)

上位システムが持つ帳票データをCSVファイル(他、XMLファイル)で帳票出力製品(Java版)に受け渡すための製品です。
帳票出力製品(.NET版)には未対応です。
ライセンスは帳票サーバ単位になります。

主な機能

  • 帳票データをCSVファイルで帳票出力製品に受渡しが可能
  • CSVファイル内にAPIのタグを記述する事で処理の制御が可能
    プリンタ、トレイ、印字調整、出力部数、両面印刷など様々な事が指定可能
  • 周期的にフォルダを監視で、ファイルが生成されたら帳票出力製品にデータを受け渡す事が可能

  • UCXSingle(本製品付属)による上位システムと同期をとったリアルタイム処理
    Java API版UCXSingleで上位システムからAPIで処理指示が可能
    コマンド版UCXSingle上位システムからコマンド実行で処理指示が可能

  • 帳票ファイルを生成時、要求元に保存する事も、帳票サーバ側で保存する事もできます。
  • 帳票作成処理後に任意のコマンドを実行し、他システムと連携が可能

WebSAM Universal Connect / X Mail Edition (機能追加製品)

上記、Universal Connect / Xに帳票出力製品が作成した帳票ファイルをメール配信する機能を追加したEditionです。
これにより、生成したPDFファイルやTIFFファイルを任意のメールアドレスに送信し、インターネットFAXとの連携などを実現します。
帳票出力製品(.NET版)は未対応です。
ライセンスは帳票サーバ単位になります。

WebSAM SVF Connect for Java API (機能追加製品)

帳票出力製品(Java版)に帳票出力の要求を行うためのJava APIを提供します。
帳票ファイルを生成時、要求元に保存する事も、帳票サーバ側で保存する事もできます。
WebSAM Universal Connect / X(以下、UCX)との連携はできません。UCXとのJavaAP連携はUCX付属のJava API版UCXSingleをご利用ください。
ライセンスは要求元のアプリケーションサーバ単位になります。

WebSAM SVF Connect for ASP/COM API (機能追加製品)

帳票出力製品(Java版、.NET版)に帳票出力の要求を行うためのASP/COM APIを提供します。
帳票ファイルを生成時、要求元に保存する事も、帳票サーバ側で保存する事もできます。
WebSAM Universal Connect / X(以下、UCX)との連携はできません。UCXとの連携はUCX付属のコマンド版UCXSingleをご利用ください。
ライセンスは要求元のアプリケーションサーバ単位になります。

WebSAM SVF Connect for .NET Framework API (機能追加製品)

帳票出力製品(Java版、.NET版)に帳票出力の要求を行うための.NET Framework APIを提供します。
帳票ファイルを生成時、要求元に保存する事も、帳票サーバ側で保存する事もできます。
WebSAM Universal Connect / X(以下、UCX)との連携はできません。UCXとの連携はUCX付属のコマンド版UCXSingleをご利用ください。
ライセンスは要求元のアプリケーションサーバ単位になります。

ページの先頭へ戻る