ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SVF
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
  7. WebSAM Report Director Enterprise
ここから本文です。

WebSAM SVF - WebSAM Report Director Enterprise

WebSAM Report Director Enterprise (基本製品)

Report Director Enterprise (以下、RDE)は、ホストやERP、C/Sシステム、Webシステムなど、これまで業務ごとに個別に構築されてきたバラバラの帳票システムに対して、運用の統合・集中化を実現する画期的なサーバソフトウエアです。
ミッションクリティカルな基幹システムの帳票運用と全社帳票文書の一括管理、拠点を含む全社規模の出力環境を統合します。
これによって、これまで基幹帳票運用の保守にかかるコストメリットを明確にして、ビジネスに即応できるシステム基盤を帳票の分野から解決していきます。
CPUライセンスで、帳票サーバのCPU数分のライセンスが必要です。

主な機能

  • ACOS、メインフレームなど基幹システムのオープン化移行の実現
  • SVF for JavaPrintを包括
    OSやプラットフォームを問わない帳票印刷
    プリンタ自体のパフォーマンスを最大限に引きだした高速かつ精度の確かな帳票印刷
    印刷データの軽量化し、ネットワーク負荷も軽減

ドット、レーザー、ラインの様々なメーカーのプリンタを利用可能
プリンタ制御機能(給紙トレイや排出ピンの指定など)も搭載
改ページの制御によるズレのない伝票印字
LPR機能をサポートし、プリンタのIPアドレスとポート名を指定することで直接印刷が可能

  • 分散と集中による帳票運用の統合化
    【3つの印刷方式】
    印刷データを圧縮し、拠点にバッチ配信してPUSH型でプリンタ印刷
    オープン系プリンタによるセンター集中(PUSH)型の大量帳票出力
    ブラウザGUIからPULL型の帳票文書検索、プレビュー、オンデマンド印刷、再印刷

  • ブラウザベースでの文書操作
    プリンタの登録管理と障害監視、印刷状況監視

スプール文書の検索&プレビュー、再印刷が可能
伝票発行時の用紙変更メッセージの通知確認
ユーザの権限管理

  • 帳票実行JOBの流量制御
    これまで業務アプリケーション側で行っていたスプール処理の流量制御を、WebSAM RDE側で行うことが可能になりました。
    アプリケーション側で制御することなく、同時処理の場合にも安定した運用が実現できます。
  • 「いつ、誰が、どの帳票を、どう出力させたか」をログ出力

RDEの内部リソースの稼働状況を監視し、帳票出力性能の劣化や停止の予兆を早期に検出する「SVF監視Option for RDE」も合わせて導入ください。

WebSAM RDE Option (機能追加製品)

他のJava版SVF帳票出力製品が持つ機能をReport Director Enterprise(以下、RDE)に追加できる安価なオプション製品。
PDFやCSVのファイル出力、ラベルプリンタ印刷から、電子帳票管理製品連携まで、様々な機能を追加できます。
ライセンスは帳票サーバ単位になります。また、RDEが導入されたサーバでしか利用できませんのでご注意ください。

WebSAM RDE Utility Developers KIT (機能追加製品)

Report Director Enterprise(以下、RDE)のユーティリティ(ブラウザGUI)の機能をAPIで提供。
ユーザーアプリケーションでRDEからデータ取得したり、再印刷を要求したり、プリンタ状況を取得したり、色々できます。
オリジナルの業務に合わせたGUI構築が可能。
ライセンスは、APIが稼動するAPサーバ単位になります。

WebSAM RDE UDK for .NetFramework (機能追加製品)

WebSAM RDEの標準画面を運用に合わせてカスタマイズできるWebSAM RDE Utility Developers Kitに、.NetFramework版を追加しました。

ページの先頭へ戻る