This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、業界で初めて画像認識技術を活用し、立体物の商品を自動検品する「画像・重量検品ソリューション」を発売
Main content starts here.

NEC、業界で初めて画像認識技術を活用し、立体物の商品を自動検品する「画像・重量検品ソリューション」を発売

~ 出荷検品業務の効率化と品質確保を同時に実現 ~

2015年7月23日
日本電気株式会社

NECは、業界で初めて画像認識技術を活用し、食品・飲料品・医薬品など立体物の商品の自動検品を可能とする「画像・重量検品ソリューション」を本日より販売開始します。

新ソリューションは、NEC独自の高速・高精度な画像認識技術と重量計を活用し、検品対象の商品を予め登録した商品の画像・重量情報と照合することで、商品の品目と数量を瞬時に特定するものです。
これにより、バーコードなどの商品識別情報や人手による目視確認がなくても自動で正誤の確認を可能とし、物流現場の出荷検品業務の効率化と品質確保を同時に実現します。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、今後もIoT(Internet of Things)など先進ICTを活用した高度な物流ソリューションの提供を通じて、豊かで高効率な社会の実現に貢献します。

背景

物流現場においては、通販市場の拡大や、企業のグローバル化、国際間取引の増加などに伴い、小口貨物の増加や荷物の多様化が進んでいます。物流工程全体の自動化が進む中、検品業務に関しては人手による目視確認が多く行われており、また類似品の誤認識を防ぐために二重・三重で読み合わせ検品を行なっているケースも見受けられます。このため、品質を確保しつつ、自動化による検品業務の効率化が求められています。

価格、提供開始日、販売目標

価格: 5,000万円(税別、
提供開始日: 2015年度第4四半期
販売目標: 今後3年間で50社

特長

  1. 画像認識技術と重量計を活用し、瞬時に自動検品
    NEC独自の高速・高精度な画像認識技術を活用し、作業台に設置したカメラで捉えた商品の画像と、予め登録した商品の画像情報を照合することで、商品の品目・数量を瞬時に特定。パンフレット・マニュアルなど平面物に加え、食品・飲料品・医薬品など立体物の複数商品を一括で検品可能。また、画像の一部の隠れ・はみ出し・反射・傾斜・湾曲があっても認識可能。
    同時に、作業台に設置した重量計で計測した商品の総重量と、予め登録した商品の重量情報を照合することで、商品の過不足を確認。
    これにより、バーコードなどの商品識別情報や人手による目視確認がなくても自動で正誤の確認を可能とし、物流現場の出荷検品業務の効率化と品質確保を同時に実現。また、画像を保存することで、出荷内容の確証としても利用可能。
  2. 目視検品もサポート
    商品表面に特徴が少ない、違いのほとんどない商品が複数存在するなど画像認識に適さない商品に関しては、画面上に商品の画像とチェックポイントを表示。これにより、目視検品の精度や効率の向上を実現。

なお、NECは新ソリューションを「ロジスティクスソリューションフェア2015」(会期:9/8(火)~9(水)、会場:東京ビッグサイト(東京都江東区))にて展示します。

NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注) 検品ユニット5台の場合。画像認識サーバ、DB/WMSインターフェースサーバ、管理端末、標準セットアップ費含む。(カスタマイズ費別途)

「画像・重量検品ソリューション」について

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 交通・物流ソリューション事業部
TEL:03-3456-3557
E-Mail:info@logi-sl.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/solutionsforsociety/index.html
Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。

Top of this page