Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. クラウド内の仮想サーバ間の通信速度を最大6倍に向上

クラウド内の仮想サーバ間の通信速度を最大6倍に向上 - 「OpenStack Neutron」の商用導入に向けた大規模実証実験に成功 -

2014年11月4日
株式会社NTTドコモ
日本電気株式会社




株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、クラウド内の仮想サーバ※1間の通信に、オープンソースソフトウェアとパケット通信処理を行うための汎用ハードウェア、NIC(Network Interface Card)を効果的に組み合わせることで、通信速度を従来の最大6倍に向上できることを2014年10月31日(金)に実証実験で確認しました。

本実証実験では、クラウド業界で注目度が高い「OpenStack」のネットワーク機能「OpenStack Neutron」のオープンソース実装のみを用いて、100台の物理サーバを用いた大規模な実証実験環境を構成し、異なる物理サーバに搭載された複数の仮想サーバ間で最大16Gbps※2の通信速度を達成しました。
また、ドコモとNECは、「OpenStack Neutron」の課題となっていた耐障害性を高めるために、障害発生時にも通信制御を行う機能を冗長化させることにより、通信を継続させる高可用性機能の開発を共同で行いました。今回の通信速度の向上と高可用性機能の実現により、一つのクラウド上で複数の仮想ネットワークを構築し、セキュリティを高めることが可能な「OpenStack Neutron」の機能を商用導入できる水準まで改良することができました。ドコモは2015年度内に今回開発した「OpenStack Neutron」を商用導入し、高速で安定した新しいクラウドサービスを実現して参ります。

今回の実証実験は、石川県にある独立行政法人 情報通信研究機構(以下、NICT)の実験環境、StarBED※3上の物理サーバを利用し、NICT、日本仮想化技術株式会社、NTTアドバンステクノロジ株式会社、北陸先端科学技術大学院大学、東京大学、デル株式会社と協力して実施しました。「OpenStack Neutron」の実証実験としては世界最大規模です。
実証実験の結果は、「OpenStack Foundation※4が開催する「OpenStack Summit November 2014」で発表します。ドコモとNECは、「OpenStack Foundation」に2012年から参加しており、クラウドの物理サーバ管理技術※5等に関して仕様作成及びソースコードの提供をして参りました。両社は今後も積極的に本団体に貢献することを通じて、高速なLTE-Advancedや次世代の5Gネットワークにより普及が加速するモバイル向けクラウドサービスを高度化させ、お客様にとってより安全で快適なサービスを実現します。

実証実験の詳細については、別紙をご覧ください。


【別紙】 実証実験の概要



以上



※1 1台の物理サーバを複数台の仮想的なサーバ(仮想サーバ)に分割して利用する仕組み。

※2  1台の物理サーバ当たりで計測された最大値。

※3  インターネットの模擬環境で開発技術等を検証するための1000台を超える大規模な基盤 (http://starbed.nict.go.jp/)。

※4  2012年に設立された「OpenStack」の高度化を推進する団体。約850の企業・団体が参加。

※5  物理サーバをクラウド基盤で制御するための技術(General Bare-Metal Provisioning Framework:現在のIronic)。

Share: