Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

NEC、住友電装のBCP強化を支援 ~ データセンタ建設支援や統合ファイルサーバ構築などを実施 ~

2014年9月12日
日本電気株式会社




NECは、住友電装株式会社(本社:三重県四日市市、代表取締役執行役員社長:井上 治、以下 住友電装)のBCP()強化に向けた取り組みの一環として、同社のデータセンタ新棟建設の支援や統合ファイルサーバの構築、プライベートクラウド環境の構築による業務サーバの集約などを行いました。

住友電装は、2007年に「BCP策定会議」を発足し、全社BCPを策定して以来、毎年BCPの見直しを行うことで完成度の向上に取り組んでいます。今回のIT -BCPの取り組みにより、データセンタの強靭化を図ると共に、複数拠点でのデータ保持による代替運用が可能となり、国内拠点が被災した際も国内外の生産・設計拠点において業務継続が可能なITインフラの強化を実現しました。



NECの支援内容


  1. データセンタ新棟建設の支援
    住友電装が老朽化対策・強靭化を目的に建設したデータセンタ新棟の企画・設計時におけるプロジェクト管理の支援に加え、顔認証技術やICカードを利用した入退管理システム、会議システム、PBXなど各種システムの新棟への導入を実施。また、従来利用していたデータセンタから新棟へのサーバやストレージなど各種機器の移設についても実施。


  2. 統合ファイルサーバの構築
    データセンタ新棟およびバックアップデータセンタにNAS(Network Attached Storage)機器を導入し、各部門が個別に導入していたファイルサーバを集約・冗長化することで、事業継続性を強化。また、ファイルサーバ内の可視化ツールを導入し、同サーバの有効利用を実現するとともに、アクセス管理やログ管理も強化。


  3. プライベートクラウド環境の構築
    データセンタ新棟にプライベートクラウド環境を構築し、業務サーバ群を仮想化技術により集約。これにより、データ保護やセキュリティの強化、ITコストの削減などを実現。今後、バックアップデータセンタに構築した災害対策システムの強化を実施予定。

NECは、今後も住友電装のBCP強化に向けた取り組みに貢献するとともに、今回の実績を活かし、企業や自治体のBCP策定・強化を支援するソリューションの整備・拡販を進めてまいります。

NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進のICT技術や知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。



以上



注)Business Continuity Plan:事業継続計画


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 東海支社 中部産業製造営業部
TEL:052-222-2140



NECは、社会ソリューション事業を推進する企業としてのグローバルブランドを構築するため、
新ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」を策定しました。
本ブランドメッセージのもと、世界の人々と協奏・共創しながら、社会の様々な課題解決に貢献していきます。 Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。


Share: