Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. スケールアウト型データベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store」を強化

NEC、ビッグデータ活用に適したスケールアウト型データベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store」を強化~ Hadoopとの連携を強化し、分析データの高速加工を実現 ~

2012年9月26日
日本電気株式会社


<本件に関する情報>
http://www.nec.co.jp/irs/

NECは、データの増加に応じた柔軟な拡張性と高信頼性を両立する、ビッグデータ時代に最適なスケールアウト型データベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store(インフォフレーム リレーショナル ストア)」を強化しました。「InfoFrame Relational Store V2.1」として、本日から販売、11月下旬から出荷を開始します。

現在注目されているビッグデータ活用において、データ量やアクセス数の急増に対応可能なデータベースソフトウェアへのニーズが高まっています。
「InfoFrame Relational Store」は、NECの北米研究所で開発した独自技術(注1)を用いて、データの高速処理とKVS(キーバリューストア、注2)によるシステム拡張が柔軟にできるという強みを活かしながらRDB(リレーショナル・データベース)と同様の使いやすさを実現できる先進的なデータベースです。本年2月の発売以来、様々な業界から関心を集めています。

新製品「InfoFrame Relational Store V2.1」は、蓄積した大量データを高速に分析や加工できるようHadoop(注3)との連携機能を新たに実装しました。また、セキュリティ機能を強化し、RDBと同等のアクセス制限などを実現します。

新製品の希望小売価格は、最小構成で555万円(税別、注4)からです。
NECは、本製品を通信・流通・金融をはじめとする幅広い業界の企業やデータセンター事業者などに拡販し、今後3年間で150システムの販売を目指しています。

「InfoFrame Relational Store V2.1」の主な特長は、次のとおりです。

  1. Hadoopとの連携強化により、ビッグデータの高速処理を実現
    1. HadoopからInfoFrame Relational Storeに格納されているデータを直接アクセスできる「ダイレクトアクセス機能」を新たに提供。これまで、Hadoopを利用する際に、InfoFrame Relational StoreからHadoop用データベース(HDFS)に一旦データをアップロードする必要があり、この時間が無駄になっていたが、本機能によりこの時間が不要となる。

    2. 既にHadoopで処理したデータ以降にInfoFrame Relational Storeに蓄積されたデータから、必要データのみをフィルタリングして差分抽出する「差分アクセス機能」を提供。従来、Hadoop内に順次データを蓄積する場合には、前回との差分が判らず、毎回全体を処理をする必要があった。この機能を使うことにより差分だけを処理対象とするため、高速処理が可能となる。

    3. Hadoopで処理したデータをInfoFrame Relational Storeに並列処理で高速に格納する「パラレルローダ機能」を提供。InfoFrame Relational Store の拡張性(スケーラビリティ)により、Hadoopで処理したデータを大量かつ長期に保存するデータベースとして活用することができる。

  2. セキュリティ機能を強化し、RDBと同等のアクセス制限などを実現
    ユーザの追加や削除、パスワードの設定が可能となるほか、各テーブルに対するアクセス権限の付与・削除を可能とするRDBと同等の権限設定機能を提供。これまでKVS製品ではできなかったユーザ認証・アクセス権限を既存システムのアプリケーションと同様に実現。

NECは今後もビッグデータに対応する製品・サービスを継続強化し、お客様の新しいビジネスの創造を支援してまいります。

尚、新製品を、「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2012」(会期:11/8(木)~9(金)、会場:東京国際フォーラム(千代田区丸の内))において展示する予定です。
http://jpn.nec.com/uf-iexpo/index.html



以上


(注1) KVS(キーバリューストア)に対するトランザクション処理とSQLアクセスを実現したNECの技術。日米で特許出願中。

(注2) KVS:キーと値のペアからなる、シンプルなデータモデルに基づくデータ格納方法。シンプルであるため拡張性(スケーラビリティ)があり、検索エンジンなど大規模なシステムで用いられる。

(注3) Hadoop:大規模データを効率的に分散処理・管理するためのオープンソース・ミドルウェア。Map/Reduceで大量データに対するバッチ処理を高速に行える。

(注4) ハードウェアやSI構築費用などは含まず

※ 本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


新製品に関する情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ITソフトウェア事業部 企画グループ
電話:044-431-7039
受付時間:9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く)
E-mail:info@cced.jp.nec.com

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

Share: