ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 株主・投資家情報
  3. 個人投資家のみなさまへ
  4. これからのNEC
ここから本文です。

これからのNECについて

- 2018中期経営計画 -

文字サイズ
  • 小さ
く
  • 標準
  • 大
きく

NECグループは、「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」というビジョンの実現に向け、中長期的な経営方針や戦略を策定しています。

2018中期経営計画

中期経営方針

NECは2016年4月に、2018年度までの3ヵ年計画「2018中期経営計画」を策定しました。
「2018中期経営計画」では、3年前の「2015中期経営計画」で掲げた「社会ソリューション事業への注力」、つまり、ICTによって社会課題を解決する「社会価値創造型企業」を目指すという方向性に変わりはありません。今回の計画では、「収益構造の立て直し」と「成長軌道への回帰」の2つを中期経営方針として掲げ、社会ソリューション事業への注力を確実に実行していきます。

  • 以下の予想値は、2016年4月28日現在

中期経営目標

上記の経営方針をふまえ、NECは下記の中期経営目標の達成を目指します。

収益構造の立て直しの考え方

2015年度の営業利益率3%台に対し、5%を実現する収益構造を確立します。そのために、(1)課題事業・不採算案件への対応や(2)業務改革推進プロジェクトの遂行、(3)ハードウェア/ソフトウェアの開発生産機能の最適化などにより、820億円の利益改善効果を得る計画です。事業ミックスの変化などによる240億円の減益も考慮に入れた上で、営業利益1,500億円という目標を達成したいと考えています。

(1)課題事業・不採算案件への対応

個々の具体的な施策について説明します。
「課題事業・不採算案件への対応」の中では、まず、スマートエネルギー事業の止血に取り組みます。2018年度には、240億円の損益改善(2015年度比)を目指しますが、2015年度に約100億円の資産減損を行ったため、実質的には約140億円の改善となります。
事業のスリム化を進め、事業規模に見合った体制へと変更すること、そしてこの事業内のポートフォリオ改革を推進し、エネルギーSI・サービス事業へのシフトを進めることで、損益の改善を実現していきます。

もうひとつは、不採算案件の抑制です。2015年度にはパブリック事業と海外事業で不採算案件が増加しました。一方で、エンタープライズ事業では、契約前からのリスクアセスメントやプロジェクトの節目でのきめ細かな管理を徹底することで、不採算案件を解消することに成功しました。この防止・抑制ノウハウをNECグループ全体で徹底することで、2018年度に130億円の損益改善(2015年度比)を実現します。

(2)業務改革推進プロジェクト

次は、「業務改革推進プロジェクト」についてです。
NECでは、スタフ業務の約30%の効率化を目指して、NECマネジメントパートナーへのスタフ業務の集約を進めています。今回の計画では、これまでNEC単体で進めていた業務集約の適用範囲をNECの主要グループ会社16社にも拡大します。このプロジェクトは2014年度から始めており、既に2015年度には約50億円の効果が出ています。2018年度には、約250億円の費用削減効果(2015年度比)を得る計画です。
また、経費、IT費用の一元化を進めることで、2018年度には100億円の改善効果(2015年度比)を見込んでいます。

(3)開発・生産機能の最適化

「開発・生産機能の最適化」については、グループ機能の統合をさらに加速し、2018年度に100億円の効果(2015年度比)を得る計画です。当社はこれまでもハード系、ソフト系の子会社の統合を行って成果をあげてきましたが、今後、ハードウェアに関しては開発プロセスや開発環境の統一による効率化を、ソフトウェアに関してはリソースの最適化などを進め、さらなる効率化を進めていきます。

成長軌道への回帰

続いて、「成長軌道への回帰」について説明します。当社は前回の計画でビッグデータ、クラウド、サイバーセキュリティ、SDNを注力4領域として定め、推進してきました。これらの領域は過去3年間で着実に成長し、加えて、それぞれの領域のアセットも強化することができました。
2018中期経営計画では、これらのアセットを活かせる①セーフティ事業、②グローバルキャリア向けネットワーク事業、そして③リテール向けITサービス事業の3つを注力事業として選定しました。当社はこの3事業に経営資源を投下し、社会ソリューション事業のグローバル化を進めていきます。

(1)セーフティ事業

セーフティ事業では、当社の強みである認証技術や、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の運用ノウハウ、政府等への納入実績などの強みを生かし、さらなる安全・安心の確保に貢献します。グローバル展開のために企画・マーケティング機能を強化することに加え、積極的にパートナリングを活用してデリバリー体制を強化し、事業を拡大していきます。

(2)グローバルキャリア向けネットワーク事業

また、グローバルキャリア向けネットワーク事業では、TOMS(通信運用管理ソリューション)の提供力と顧客基盤、SDN*1/NFV*2での商用実績を強みとして、TOMS・SDN/NFV連携や、IoTなどのITネットワーク融合ソリューションの継続強化、オープン化・パートナー協業推進などにより、事業拡大を加速していきます。

  • *1SDN:Software-Defined Networking(ネットワークをソフトウェアで制御する概念)
  • *2NFV:Network Functions Virtualization(ネットワーク機能の仮想化)

(3)リテール向けITサービス事業

リテール向けITサービスでは、国内で培った高度な実績を活かして、グローバルでの展開を検討しています。例えば24時間365日止めない安全・安心・効率的な店舗運営といったビジネスモデルをグローバルに展開できないか、検討を進めていきます。また、リテール向けの新たな提供価値として、オムニチャネルや認証・決済、オペレーション効率化、施設・設備管理、といった幅広いソリューションの提供に努めます。

注力事業の売上高目標

3つの注力事業それぞれの2018年度の売上高目標は、以下となります。
セーフティ事業(海外)は1,420億円(2015年度比3.4倍)、グローバルキャリア向けネットワーク事業は2,100億円(2015年度比1.8倍)、また、リテール向けITサービス事業は1,600億円(2015年度比1.2倍)に、それぞれ伸ばすことを目指していきます。

企業文化の進化

2016年度からの3年間は、NECがこれまでに築いた成長の礎に柱を積み上げていく段階であり、変革の第二期にあたります。NECはこの3年間で、NECならではの良い面を活かしながら価値創造をリードできる強い人財づくりに取り組み、変革を加速することで企業文化を進化させ、一つひとつステップを重ねるごとに強くなる会社にしていきます。

関連リンク

免責事項
本サイトの情報は、投資勧誘を目的にしたものではありません。

詳細

ページの先頭へ戻る