ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Windows Server
  4. Windows Server 2019
  5. 特長/機能
ここから本文です。

Windows Server 2019 - 特長/機能

Windows Server 2019 は、長期サービスチャネル (Long Term Servicing Channel (LTSC))でリリースされる、最新のWindowsサーバOSです。
Windows Server 2019では、主に以下の強化が実施されています。

新しいサーバ管理ツール:Windows Admin Center

Windows Server を管理する新たなツールとして、Windows Admin Center がリリースされました。

Windows Admin Center はWebブラウザベースのサーバ管理ツールです。Windows Admin Center により、サーバのデスクトップ 画面(コンソール)に接続することなく、グラフィカルなサーバ管理ができるようになります。また、クラウド上で動作するOSもWindows Admin Centerで管理できますので、ハイブリッドクラウド環境でのサーバ管理も容易になります。

なお、Windows Admin Centerは拡張機能を追加できる仕様になっており、NECでは、サーバのハードウェアの状態を監視する拡張機能 ”NEC ESMPRO Extension for Windows Admin Center” を提供します。

NEC ESMPRO Extension for Windows Admin Center

なお、NECでのWindows Admin Centerの動作サポートに関する詳細情報については、こちらのサイトをご覧ください。

拡張機能”NEC ESMPRO Extension for Windows Admin Center”の詳細はこちらのサイトをご覧ください

 

HCI (S2D)の強化

Windows Server 2016にて、Windows ベースのハイパーコンバージドインフラ(HCI)を実現する Storage Spaces Direct (S2D)が実装されましたが、Windows Server 2019では、このHCIを強化するさまざまな機能が追加されています。

  • 管理性の強化(Windows Admin Center)
  • 2ノード構成での信頼性向上(Nested Resiliency)
  • ストレージ効率化(データ重複除去)

Windows Server 2016 でのActive Directory 連携イメージ

NECのS2Dソリューション「NEC HCI for Microsoft Storage Spaces Direct」については、こちらのサイトをご覧ください。

セキュリティ強化

Windows 10の過去のアップデートで提供されてきたマルウェア対策ツール「Windows Defender Advanced Thread Protection (ATP)」が、Windows Server 2019にも搭載されます。

また、Windows Defender ATP以外にも、仮想マシンを保護する「Shielded VM」の改良版や、SDNにおける仮想ネットワークの暗号化などが実装されます。そして、パスワード情報(ハッシュ)を隔離する「Windows Defender Credential Guard」などの従来機能も引き続き提供されます。

Windows Defender

その他

他にも、アプリケーション実行環境の強化(Kubernetes対応、Linuxコンテナー対応)などが実施されています。

新機能・強化機能の詳細については、こちらのマイクロソフト社サイトをご覧ください。

資料請求・お問い合わせ