ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Windows Server
  4. Windows Server 2019
  5. 特長/機能
ここから本文です。

Windows Server 2019 - 特長/機能

Windows Server 2019 は、長期サービスチャネル (Long Term Servicing Channel (LTSC))でリリースされる、最新のWindowsサーバOSです。
Windows Server 2019では、主に以下の強化が実施されています。

新しいサーバ管理ツール:Windows Admin Center (WAC)

Windows Server を管理する新たなツールとして、Windows Admin Center (WAC)がリリースされました。

WACはWebブラウザベースのサーバ管理ツールです。WACにより、サーバのデスクトップ 画面(コンソール)に接続することなく、グラフィカルなサーバ管理ができるようになります。また、クラウド上で動作するOSもWACで管理できますので、ハイブリッドクラウド環境でのサーバ管理も容易になります。

なお、WACは拡張機能を追加できる仕様になっており、NECでは、サーバのハードウェアの状態を監視するESMPRO/ServerManager用の拡張機能を提供予定です。

Window Admin Center

Windows Admin Center
ESMPRO/ServerManager用プラグイン (開発途上版)

HCI (S2D)の強化

Windows Server 2016にて、Windows ベースのハイパーコンバージドインフラ(HCI)を実現する Storage Spaces Direct (S2D)が実装されましたが、Windows Server 2019では、このHCIを強化するさまざまな機能が追加されています。

  • 管理性の強化(Windows Admin Center)
  • 2ノード構成での信頼性向上(Nested Resiliency)
  • ストレージ効率化(データ重複除去)

なおNECでは、マイクロソフトが推進するHCIソリューション「Windows Server Software Defined Datacenter (WSSD)」をWindows Server 2019 でも取得すべく、現在対応中です。

Windows Server 2016 でのActive Directory 連携イメージ

セキュリティ強化

Windows 10の過去のアップデートで提供されてきたマルウェア対策ツール「Windows Defender Advanced Thread Protection (ATP)」が、Windows Server 2019にも搭載されます。

また、Windows Defender ATP以外にも、仮想マシンを保護する「Shielded VM」の改良版や、SDNにおける仮想ネットワークの暗号化などが実装されます。そして、パスワード情報(ハッシュ)を隔離する「Windows Defender Credential Guard」などの従来機能も引き続き提供されます。

Windows Defender

その他

他にも、アプリケーション実行環境の強化(Kubernetes対応、Linuxコンテナー対応)などが実施されています。

新機能・強化機能の詳細については、こちらのマイクロソフト社サイトをご覧ください。

資料請求・お問い合わせ