サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM DeploymentManager - FAQ(製品・サポート)

製品・サポートに関する質問

サポートについて

Q1各バージョンのサポート期間などサポートのポリシーについて教えてください。
A1

出荷停止時期、サポート期間のポリシーは、NEC製オープンソフトウェア製品のサポートポリシーに従います。

  • 新バージョン(Ver X.0)出荷時に前々バージョンを出荷停止
  • バージョン出荷停止後、最大10年サポート
各バージョンの出荷日は、製品体系・価格およびバージョン情報を参照してください。

Q2バージョンアップの手続方法を教えてください。
A2

PP・サポートサービスのページより、バージョンアップのための申請を行って、製品および、ライセンスを入手してください。
PP・サポートサービスにご契約いただいている場合は、無償でバージョンアップできます。

その他

Q1DPMクライアント(DPM Ver5.x以前の場合はクライアントサービス for DPM)(Linux版 IA32/EM64T)のバージョン確認方法を教えてください。
A1

DPM Ver6.xの場合はリファレンスガイド(DPM6.4以降の場合は注意事項、トラブルシューティング編)「付録F 各コンポーネントのバージョン確認方法」を参照してください。DPM Ver5.x以前の場合は管理対象マシン上でハッシュ値(md5)を確認してください。 ■DPM Ver4.21~Ver5.1の場合
管理対象マシン上で以下のコマンドを実行し、ハッシュ値(md5)を確認してください。
md5sum /opt/dpmclient/agent/bin/depagtd

以下が、クライアントサービス for DPMのバージョンとハッシュ値となります。

  • 4.21 for SSC
    00de189548e4ba8e2142a1fc90b09b93
  • 4.30 for SSC/4.32 for SSC
    08d840811b6c6f94dc255f5dc0f9c41a
  • 5.0(REVISION:001)/5.0 for SSC
    39be9a8515d1e4d19d15218d5c8edf32
  • 5.0(REVISION:002)/5.01 for SSC
    5aab0e53b7fab75275b5a4aed4fe39e2
  • 5.1(REVISION:001)/5.10 for SSC
    1814331aaec864c72a3ebcd4e84f91cc
  • 5.1(REVISION:002,003)/5.11 for SSC/5.12 for SSC/5.20 for SSC/5.21 for SSC
    3251e942e9e7dbb6bdfa3b6e08f4ba03
  • 5.1(REVISION:004)/5.22 for SSC
    ce9243f6c83eead0e63fa965e3783311
  • 5.23 for SSC
    da194fef08633761f36a833627803349
■DPM Ver4.13以前の場合
管理対象マシン上で以下のコマンドを実行し、ハッシュ値(md5)を確認してください。
md5sum /usr/nec/dpm/agent/bin/depagtd

以下が、クライアントサービス for DPMのバージョンとハッシュ値となります。
  • 3.8(REVISION:001)/3.80 for SSC/3.81(*)/3.81 for SSC
    fcc428271f7a12ed7ade4e343511d813
  • 3.8(REVISION:002)/3.82 for SSC
    759f11aee4f3c5a8f0a6223dc16f6b3f
  • 4.0(REVISION:001)
    236ddd4991810b7b8ac0aa6b4d853d52
  • 4.0(REVISION:002)
    17c53649f5e4c3cffa365b1597066e7d
  • 4.1(REVISION:001)/4.11(*)/4.12(*)
    a04d46b4256d7ef431225b2b3f1a537c
  • 4.13(*)
    1306e3319cfafac74d27c7e321b05c11
    (*)PP・サポートに契約しているお客様を対象に提供した対応モジュールとなります。
  • REVISIONは、製品CD-ROMのラベルに記載しています。
  • 「for SSC」は、SigmaSystemCenterに含まれるエディションまたは、アップデートモジュールになります。

Q2サーバのリプレース時などにライセンスの移行はできますか?
A2

  • 管理サーバのハードウェアを移行する場合、管理サーバの使用権についても移行が可能です。
    移行時の並行稼働も60日以内に限り可能です。その場合、同一ネットワークに複数の管理サーバを設置する場合の注意点はFAQを参照してください。
    60日を超える期間の並行稼働については、ライセンスを購入いただく必要があります。
  • 管理対象マシンのハードウェアを移行する場合、ライセンスの新規購入が必要です。
    ただし、仮想マシンから仮想マシンへの移行(V2V)やVMware VMotionなどのように仮想マシンサーバ間を仮想マシンごと移動させる場合はライセンスの新規購入は不要です。
    V2V時の並行稼働については60日以内であれば並行稼働が可能ですが、60日を超える場合はライセンスの新規購入が必要です。
    V2Vの60日以内の並行稼働の場合もDPMに登録できる管理対象マシンの上限を超える場合は、管理対象マシンの登録削除/再登録を行う必要があります。

Q3DPMのバージョンまたはリビジョン毎の新規追加機能や改善された機能を教えてください。
A3

ダウンロードにある各バージョンのファーストステップガイドの「4. 最新バージョン情報」にて、バージョン/リビジョン毎の追加、改善機能を確認できます。

Q4インストールメディアが破損/紛失しました。対処方法を教えてください。
A4

インストールメディアが破損や紛失した場合の対処として、事前にバックアップを行っておくことをお勧めします。
インストールメディアのバックアップがない場合は、下記NECサポートポータルのページからインストールメディアのイメージファイルのダウンロードを行い、インストールメディアの再作成を実施してください。
ファイルをダウンロードするためには、NECサポートポータルのユーザIDでログインする必要があります。また、DeploymentManagerのPPサポートサービスの契約が必要です。

new window DeploymentManager Ver6.7
new window DeploymentManager Ver6.6
new window DeploymentManager Ver6.5
new window DeploymentManager Ver6.4
new window DeploymentManager Ver6.3
new window DeploymentManager Ver6.2
new window DeploymentManager Ver6.1
new window DeploymentManager Ver6.0

なお、DeploymentManager Ver6.3以降は、インストールメディアのみが付属する製品を購入することが可能です。インストールメディアのみの製品を購入することで、上記のバックアップや再作成の作業実施を省略することが可能です。