サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM DeploymentManager - バージョン別機能強化ポイント

Ver6.12 機能強化ポイント

DPM Ver6.11からVer6.12への主な新規追加機能、および機能強化点

  • 多台数の管理対象マシンに対して、一括でOSを配信する一括OS展開機能を提供しました。従来のOS展開時に必要となっていた大部分の操作・作業が不要となるため、効率的にOS展開を行うことが可能になりました。
  • Express5800シリーズなどのサーバ機でWindows PE版Deploy-OSが使用可能になりました。Windows PE版Deploy-OSでは以下の対応が可能です。
    - セキュアブートへの対応
    - 従来のLinux版Deploy-OSでの未対応構成(オンボードRAIDなど)への対応
  • 管理サーバ、データベースサーバ、イメージビルダのOSとして以下に対応しました。
    - Windows Server 2022
  • DPMコマンドライン、パッケージWebサーバ、PackageDescriberのOSとして以下に対応しました。
    - Windows Server 2022
    - Windows 11
  • 管理対象マシンOSとして以下に対応しました。
    - Windows Server 2022
    - Windows Server 2022 Server Core
    - Windows 11
  • 管理対象マシンの仮想環境として以下に対応しました。
    - Windows Server 2022 Hyper-V

DPM Ver6.12の製品体系

本製品に含まれる各コンポーネントのバージョンは以下のとおりです。

コンポーネント名 バージョン
DPMサーバ 6.120.000
DPMクライアント(Windows) 6.100.000
DPMクライアント(Linux) 6.100
DPMコマンドライン 6.120.000
PackageDescriber 6.80.000

マニュアルとの差分