サイト内の現在位置を表示しています。

建設現場顔認証入退管理サービス(出面管理サービス)

~スマートフォンで現場の正確な入退場管理を実現~
ご利用イメージ

顔認証とGPS情報で作業者の正確な入退場管理を実現。現場から離れた場所でも入退情報が確認でき、入退管理業務の負荷やコストを大幅に低減します。

特別な設備はいっさい不要、現場開設と同時に入退場管理をスタート。

■工事現場にて
作業者様に「入退場登録」いただくと、
→顔認証により確認された本人情報+GPSからの位置情報+時刻情報が登録されます。
→現場監督様は、作業者様の入退状況や保有する資格情報を確認いただけます。

■現場事務所にて
登録された情報はCSVファイル出力ができますので、
→各種報告書作成、協力会社からの提出書類の確認作業に活用いただけます。

■建設キャリアアップシステム連携
2019年4月から本運用を開始した建設キャリアアップシステム(注1)とのデータ連携が可能です。作業員の所属会社や、資格情報などを建設キャリアアップシステムと連携し取得することで、現場での作業員情報を簡単に登録できます。また、現場で記録した入退場データを就業履歴として建設キャリアアップシステムに登録可能です。(建設キャリアアップシステム側への事前登録が必要になります。)

(注1)建設キャリアアップシステムは一般財団法人建設業振興基金の商標または登録商標です。

■入退登録するための新たな設備が不要
本サービスはクラウドサービスのため、タブレットやスマートフォンにアプリケーション(注2)をインストールし設定するだけで利用可能です。このため、カードリーダー等入退登録するための新たな端末を準備することなく、現場開設と同時に入退管理を始めることが可能です。

(注2)NeoFace Cloud GPS連携サービス

作業者の人工をすばやく簡単に把握、現場の生産性向上に大きく貢献。

Before After
現場作業者の予定や実績確認に、手間と時間がかかりすぎる。 スマートデバイスによる顔認証とGPS情報で、入退管理コストを低減。
協力会社からの報告を整理し、各種報告書への転記が煩わしい。 入退場記録情報をもとに作成する、各種報告書の手間を省力化。 
本人確認には手間がかかるため、協力会社からの人工報告をそのまま処理し実態が把握できていない。 資格情報を含む本人確認が容易で、入退場記録による正確な労務費支払いや社会保険料の抑制に貢献。
現場の入退場カードは、盗難や紛失などで管理コストがかかる。 生体認証による入退場管理のため、カード管理や紛失などのリスクを削減。 

建設現場における適用例

静止画顔認証:世界トップクラスの顔認証技術

2017年、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した動画顔認証技術のベンチマークテストにおいて、認証精度99.2%と、他社を大きく引き離す第1位の性能評価を獲得しました。これまでの静止画の顔認証テストに続き、4回連続の世界一を獲得しました。

NEC the WISE

資料ダウンロード