サイト内の現在位置を表示しています。

サステナブル経営

NECのサステナブル経営は、ステークホルダーのみなさまとの対話や共創をとおして社会の声を知り、役員から従業員に至るまで一人ひとりが、本業や、地域貢献などの企業市民活動をとおして社会課題解決に貢献し、社会や環境にプラスの影響を与えることを目指しています。

また、法令遵守や企業倫理の徹底などのコンプライアンス責任を全うするだけでなく、社会や環境に負の影響を与える可能性のある企業活動のリスク軽減にも積極的に取り組んでいます。

経済価値と社会・環境価値を同時に拡大するために、ESG(環境、社会、ガバナンス)視点で優先して取り組むテーマ「マテリアリティ」を、次の3層に分けて、計9テーマ特定しています。

  • (1)
    社会価値を創出する2020中期経営計画成長領域【2テーマ】
    「2020中期経営計画」の成長領域をESG視点で整理したもの
  • (2)
    成長に向けた変革のエンジンとして取り組むテーマ【2テーマ】
    社会に対するリスクの最小化はもとより、経済価値と社会価値を最大化するためのエンジンとなるテーマ
  • (3)
    持続的な成長実現の鍵となるテーマ【5テーマ】
    「2020中期経営計画」の実行はもとより、社会価値創造型企業の基盤として長期にわたり、経営全般で取り組むべきテーマ

非財務(ESG)の取り組みをいかに事業や経営そのものにつなげるか、NECの事業活動が社会にどのような影響を与えているのかについて、各領域に精通した社外有識者をお招きし、以下テーマで対話会を開催しました。

ESGに関する目標、成果・進捗、達成度を表形式で一覧しています。

多様なステークホルダーとの対話は、NECの事業活動に常に組み込むべきプロセスと位置づけています。「マテリアリティに関する有識者との対話」のほか、2018年度も、さまざまなステークホルダーとの対話を進めてきました。

NECは、イノベーションが社会価値を提供し続けるための鍵になるとの考えから、技術力の強化と事業化の加速を中心にイノベーション・マネジメントを推進しています。
CTO(チーフテクノロジーオフィサー)のもとで、社会価値創造の次なる成長に向けた技術戦略を策定し、売上収益の4%程度を継続的に研究開発費にあてるとともに、NECが有するNo.1/Only 1のコア技術へ集中投資しています。
さらに、既存ビジネスの枠組みを超えた技術の事業化や、グローバルなオープンイノベーションを積極的に推進し、競争力のある技術のマネタイズの加速に取り組んでいます。