サイト内の現在位置を表示しています。

Backup Exec 9.0 for Windows Servers 注意事項/制限事項

【販売停止品】
注意: Backup Exec 9.0 製品は受注/出荷を停止しております。

Backup Exec 9.0製品をインストールした場合、下記現象が発生することがあります。
運用の際は十分注意願います。

注意事項

  • SQL Slammer ワームの問題について
    Backup Exec 9.0(Revision4367)、および ExecView3.1 製品においてSQL Slammerに感染する可能性があるかもしれない旨の情報がWEBに公開されております。
    下記URLの SQL Server 2000 のセキュリティupdateを必ず実行してください。
    http://www.symantec.com/business/support/index?page=content&id=TECH23862(リンク先確認中)
  • リモートエージェントのインストールについて
    リモートエージェントをメディアサーバからリモートサーバにプッシュインストールする場合、メディアサーバとリモートサーバの両方のログイン・ユーザーアカウントにパスワードを設定しておく必要があります。

制限事項

  • Intelligent Disaster Recovery をインストールした環境について
    前バージョン(8.6)で発生した「RAIDアレイコントローラ(Mylex AcceleRAID352)が使用されている構成でIntelligent Disaster Recoveryインストール後の再起動でブルースクリーンになる」という件がバージョン9.0でも発生します。
    下記に発生する環境を提示しますのでご参照ください。
      Windows NT4.0 Windows 2000 Windows Server2003
    Revision 4367 ×(発生) ×(発生) -(未対応)
    Revision 4454 ×(発生) ○(発生しない) ○(発生しない)
    本件は8.6と同じ対応(下記のWEB情報)で解消できます。
    http://seer.entsupport.symantec.com/docs/240530.htm(リンク先確認中)
  • Intelligent Disaster Recovery を使用したシステム復旧について
    Intelligent Disaster Recoveryによるシステム復旧時、NEC提供ドライバを二つ以上インストールすると、最後にインストールされたドライバしか有効にならず惨事復旧ができない現象が下記の条件で発生しています。
      IDE CD-ROM + RAID RAID + OS非標準NIC(リモート復旧時)
    Windows 2000 ○(可) ×(不可)
    Windows NT 4.0 ×(不可) ×(不可)
    本件はRevision 4454で解消されています。お手元のRevisionが4367の場合は Revision 4454へのアップグレードをお願いいたします。