ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. OSSライセンス・コンプライアンス コンサルティング・サービス
  5. コンサルティング・メニュー
  6. OSS利用ガイドライン作成支援サービス
ここから本文です。

2. OSS利用ガイドライン作成支援サービス

御社の「OSS利用ガイドライン」作成作業を、ご支援します

下記のようなガイドラインの雛形をご提供します

ガイドラインの3構造

  • I.のポリシーとライセンスの概要だけでの全社レベルのガイドラインでは、開発現場であまり役に立ちません。
  • また、OSSライセンスを「契約」と捉えた マニュアル/ガイドラインで運用していしまうと、出荷後に ソースコードを準備してしまうケースを見かけます。これでは、製品出荷時点で、GPL違反つまり著作権侵害を犯してし まっています。
    そのような理解のマニュアル/ガイドラインで運用しては、 GPL違反を防げません。
  • 是非、本サービスで提供するガイドラインをご活用いただき、
    II.詳細解説として、出荷形態を想定した利用OSSの詳細分析、
    さらに、III.ソースの具体的な開示方法、ドキュメントの記載方法などの具体的なガイド
    製品グループ単位で作成されることをお勧めします。

II.詳細解説の執筆内容イメージ

ガイドラインイメージ

目次案

 

  1. 策定の目的と背景
    1.1 策定の目的
    1.2 背景
    1.3 OSS活用ポリシー
  2. OSSライセンスの概要
    2.1 OSSライセンスの種類
        2.1.1 BSDタイプ
        2.1.2 MPLタイプ
        2.1.3 LGPLタイプ
        2.1.4 GPLタイプ
    2.2 OSSライセンスを4つに分類するフローチャート
  3. 利用OSSとライセンスの詳細解説・・・御社の利用OSSで書き換え
    3.1 RTOSからLinuxへ移行する際の基礎知識
        3.1.1 デバイスドライバの対処
        3.1.2 アプリケーションの対処 
    3.2 Eclipse RCPのライセンスの詳細解説
        3.2.1 EPLの基本
        3.2.2 Eclipse Foundationプロジェクト外のプログラム
  4. 作業手順
    4.1 ソース開示作業手順
    4.2 リバースエンジニアリングの許可する作業手運
    4.3 ドキュメントに必要な記載する作業手順
  5. 参考資料

サービス詳細

  • 対象 : 1.のセミナーを受講済みのOSSライセンス・コンプライアンス(OSSLC)推進のご担当者様(基本1名)
  • セミナーテキストのPDFをご提供します。その画像を利用することにより、追加・変更を容易にします。
  • II.詳細解説部分の「3. 利用OSSとライセンスの詳細解説」を以下の流れで2ヶ月の期間で雛形を作成いたします。
  • 具体的な製品の具体的なOSSのなかで、特に分析が必要なOSSを挙げて、詳細調査し対応策を検討・提案いたします。
  • 最後にガイドラインを開発者に、ご説明される際には、質問対応で同席することも可能です。

II.詳細解説の作成手順

  • コンサルタント:姉崎章博
  • 期間:2ヶ月間。そお期間中、適時お問い合わせも可能です
    (イメージとして、8H*3日の24H/月程度の対応)
  • 230万円/ガイドライン (準委任契約)

サービスご利用のお客様の声

お客様 ご利用者の声
金属機械
メーカ推進者様
こちらの望む内容に近づくように打ち合わせと、
資料の添削を何度も行っていただきました。
こちらがどう質問していいか分からない点なども
ありましたが理解を深める努力をしていただきました。
自動車部品
メーカ推進者様
担当者様の知識範囲/レベルが非常に高く、
当社側のあらゆるご相談事項に対して、
技術/法的な両面をバランスよく加味した、
技術者に分かりやすい言葉/資料で、
大変適切なご指導を頂けたと考えております。

ページの先頭へ戻る