サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM Rakuform - PDF編集機能連携

PDF文書の文字データ活用を支援

イメージ図

PDF編集機能を利用して、以下のようなソリューションを提案することが可能です。

紙文書をスキャナでPDF化し、OCRを介して文字データをCSVに出力

PDFから文字抽出して作成したCSVをRPAの入力データとして業務処理を自動化

PCやタブレットで追記したPDF文書から文字データを抽出してCSVに出力

OCR連携ソリューション

RakuformとOCRソフトを連携することで、紙文書の電子データ化がより簡単にできるようになります。

紙文書をスキャンしたPDFから、PDF編集機能で画像情報を抽出し、その抽出画像をOCRで読み取ることで、文字データに起こします。
事前に、利用するOCRエンジンで、画像ファイルを認識して文字を出力するアプリケーションさえ作成しておけば、Rakuformコマンドを実行するだけで、スキャンPDF上の活字や手書き文字を電子データ化することが可能です。
さらに、抽出した文字データを元のスキャンPDFに追記して新たなPDFを作成することで、専用ツールなしでPDF同士を比較し、文字認識結果を確認・修正することが可能です。

導入メリット

  • OCRエンジンに依存しないため、お客様側で自由にOCRを選定可能で、複数のOCRエンジンを使い分けることも可能です。
  • PDFに文字データを追記して新たなPDFを作成できるため、専用ツールなしで、OCRによる文字認識結果の確認が可能です。(AdobeReaderだけで比較・修正が可能)
イメージ図

RPA連携ソリューション

Rakuformを利用することで、RPAに連携するデータを簡単に作成することができます。
PDF編集機能でPDFから抽出したデータ(CSV)をRPAに渡すことで、システム登録等の業務の自動化が可能になります。

導入メリット

  • Rakuformの機能でPDFから抽出したデータ(CSV)をそのままRPAに連携することが可能です。
  • OCRや電子サインと連携したソリューションも提案可能です。
イメージ図

電子サインソリューション

Rakuformを利用することで、タブレット端末等で電子サインを行うソリューションを提案することができます。
Webブラウザ上で、PDF内の追記入力可能な箇所に手書きし、保存します。
入力内容を後から抽出して別システムに連携させることも可能です。

  • Webサーバの構築が必要です。

導入メリット

  • 追記入力可能なPDFを利用することで、専用画面を開発することなく導入することが可能です。
イメージ図