サイト内の現在位置を表示しています。

BarcodeStudio - モジュール更新情報

保守サポートは提供しておりません。
Windows 10などの最新OSで本製品をご利用になるかたは、最新版を新たにご購入いただくようお願いいたします。

  • アップグレード版は、ご用意しておりません。

対応:2018年8月1日【機能強化対応】

製品バージョン:
3.6.0.0

機能 修正内容 OS 対象製品
DLL版 64bit版を追加しました。
DLL\x64 64bit版DLL
DLL\x86 32bit版DLL
全OS Pro
Standard
合成シンボル
QR
標準料金代理収納

対応:2016年2月15日【不具合修正】

製品バージョン:
3.5.0.0(DataMatrix)

[モジュール: BSDM.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
特殊な文字列を変換した場合、コードの最後の文字が不正になることがある。 全OS Pro Ver.3.0

対応:2011年11月8日【不具合修正】

製品バージョン:
2.0.0.5(Ver.2.0 .NETクラスライブラリ)

[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll/Necsoft.BarcodeStudio.Control.dll]
2.1.0.5(Ver.2.1/3.0/Pro .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll/Necsoft.BarcodeStudio.Control.dll]
1.0.0.3(QRコード .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.QR.dll/Necsoft.BarcodeStudio.QR.Control.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
.NETクラスライブラリ版 入力モード自動のときに、特定の文字列パターンで正しいQRコードに変換されない問題を修正。 全OS Pro Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0 for QR
(各、サーバライセンス/ライセンス無制限)

対応:2008年9月19日【不具合修正】

製品バージョン:
1.0.0.5(Ver.1.2/Standard .NETクラスライブラリ)

[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll、Necsoft.BarcodeStudio.Control.dll]
2.0.0.3(Ver.2.0 .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll、Necsoft.BarcodeStudio.Control.dll]
2.1.0.3(Ver.2.1/3.0/Pro .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll、Necsoft.BarcodeStudio.Control.dll]
1.0.0.2(標準料金代理収納 .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.EAN128CVS.dll、Necsoft.BarcodeStudio.EAN128CVS.Control.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
.NETクラスライブラリ版 90°または270°回転させた状態でImageを取得すると、不正なImageとなる。 全OS Pro
Standard
Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
for 標準料金代理収納
(各、サーバライセンス/ライセンスフリー)

対応:2008年3月3日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.1.6(一次元バーコード)

[モジュール: BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版
ユーザインタフェース上の規格名称を変更しました。
(旧)EAN-128 → (新)GS1-128
全OS Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2

製品バージョン:
1.0.0.3(GS1合成シンボル(EAN.UCC Composite Symbol))

[モジュール: BSCS.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
CX版 /
OLE版 /
DLL版
GS1-128単体の作成を可能に変更しました。 全OS Ver.3.0
ユーザインタフェース上の規格名称を変更しました。
(旧)EAN-128→(新)GS1-128
(旧)RSS → (新)GS1 DataBar
(旧)EAN.UCC Composite Symbol → (新)GS1合成シンボル

対応:2007年12月28日【不具合修正】

製品バージョン:
1.0.0.5(QRコード OCX版/OLE版/DLL版)

[モジュール: BarStdoQR.ocx、BarStdoQR.exe、BarStdoQR.dll]
1.0.0.2(QRコード .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.QR.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版 /
DLL版/
.NETクラスライブラリ版
型番を自動にしたとき、データによっては必要最小限の型番にならないことがある。 全OS Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
for QR

【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.1.5(一次元バーコード)

[モジュール: BarStdo.*]
2.1.0.2(一次元バーコード .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版 /
DLL版/
.NETクラスライブラリ版
EAN-128で自動認識する識別子を追加しました。 全OS Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2

製品バージョン:
1.0.0.2(EAN.UCC Composite Symbol)

[モジュール: BSCS.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版 /
DLL版
自動認識する識別子を追加しました。 全OS Ver.3.0

対応:2007年7月2日【不具合修正】

製品バージョン:
1.0.0.1(DataMatrix)

[モジュール: BSDM.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版 /
DLL版
特殊な文字列を変換した場合、一部のバーコードリーダーで読み取り結果が不正になることがある。 全OS Ver.3.0

対応:2007年6月15日【不具合修正】

製品バージョン:
1.2.1.4(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.ocx]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 VisualBasicで一部の保存データの読み込みに失敗する。※1 全OS Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2
  • ※1
    製品バージョン1.2.1.0 ~ 1.2.1.3のみ。

製品バージョン:
1.0.0.1(EAN.UCC Composite Symbol)

[モジュール:BSCS.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版 /
DLL版
RSS Expandedにおいて、符号化方式の判別ミスにより長いバーコードが作成される。 全OS Ver.3.0

対応:2007年2月28日【不具合修正】

製品バージョン:
1.2.1.3(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.exe]

機能 修正内容 OS 対象製品
OLE版 設定によりバーコードの一部が欠けることがある。※1 全OS Ver.3.0
Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2
  • ※1
    製品バージョン1.2.1.0 ~ 1.2.1.2のみ。

対応:2006年12月25日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.1.2(一次元バーコード)

[モジュール: BarStdo.ocx、BarStdo.exe]
1.0.0.4(QRコード OCX版/OLE版)
[モジュール: BarStdoQR.ocx、BarStdoQR.exe]
1.0.0.1(PDF417 OCX版/OLE版)
[モジュール: BSPDF417.ocx、BSPDF417.exe]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 /
OLE版
ヘルプをWinHelpからHTML Helpに変更しました。 全OS Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2
for QR

対応:2006年11月30日【不具合修正】

製品バージョン:
1.2.1.1(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
EAN-128を使用時、一部メモリが解放されない。※1 全OS Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2
  • ※1
    製品バージョン1.2.1.0のみ。

製品バージョン:
1.0.0.1(QRコード DLL版)

[モジュール: BarStdoQR.dll]
1.0.0.3(QRコード OCX版/OLE版)
[モジュール: BarStdoQR.ocx、BarStdoQR.exe]
2.1.0.1(Ver.2.1 .NETクラスライブラリ)
[モジュール:Necsoft.BarcodeStudio.dll]
2.0.0.1(Ver.2.0 .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll]
1.0.0.1(QRコード .NETクラスライブラリ)
[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.QR.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版/
.NETクラスライブラリ版
一部のバーコードリーダで読み取りできないQRコードが出力される。 全OS Ver.2.1
Ver.2.0
for QR

対応:2006年10月10日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.1.0(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版※1/
DLL版
「解像度による補正」機能を追加しました。
この設定を有効にした場合、バーコードの幅は指定したプリンタ解像度で表現できる値に丸められて描画されます。
全OS Ver.2.1
Ver.2.0
Ver.1.2
「印刷優先」機能を追加しました。※2
この設定を有効にした場合、指定されたプリンタ解像度でドット単位の描画を行います。
  • ※1
    OLE版ではデータの互換性がないため、アップデートの場合は一度コントロールを削除する必要があります。
  • ※2
    従来の「CODE128/EAN-128をドット単位で印刷」の項目は「印刷優先」に統合されました。

対応:2006年6月30日【機能強化対応】

製品バージョン:
2.0.0.0(Ver.2.0 .NETクラスライブラリ)

[モジュール: Necsoft.BarcodeStudio.dll]

機能 修正内容 OS 対象製品
.NETクラスライブラリ版 QRコードに対応しました。 .NET Frameworkが使用可能なOS Ver.2.0(サーバライセンス/ライセンスフリー)

対応:2006年3月20日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.0.9(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
CODE128/EAN-128(標準料金代理収納用バーコードを含む)のバー幅の補正機能が強化されました。(白バー、黒バーそれぞれを-2~+2の範囲で補正可能) 全OS Ver.2.0
Ver.1.2
郵便カスタマバーコードのサイズを変更できるようになりました。

製品バージョン:
1.0.0.1(標準料金代理収納用バーコード)

[モジュール:BarStdoCVS.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
バー幅の補正機能が強化されました。(白バー、黒バーそれぞれを-2~+2の範囲で補正可能) 全OS for 標準料金代理収納

対応:2005年10月3日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.0.8(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
プリンタ解像度の設定[1200dpi]が[1200dpi(8dot)]と[1200dpi(9dot)]に変更されました。(ドット数はCODE128/EAN-128使用時のバーの幅を表します) 全OS Ver.2.0
Ver.1.2
標準料金代理収納の白バーの補正機能が追加されました。

対応:2005年7月21日【不具合修正】

製品バージョン:
1.0.0.1(QRコード)

[モジュール:BarStdoQR.ocx]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 QRコード分割表示時、プロパティダイアログボックス内の値がおかしい。
→詳細はこちらをご覧下さい(FAQ)
全OS Ver.2.0
for QR

対応:2005年5月9日【機能強化対応】

製品バージョン:
1.2.0.7(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版/
OLE版/
DLL版
[サイズ自動設定]使用時にバーの高さ、HRCサイズ等が変更可能になりました。 全OS Ver.2.0
Ver.1.2
バーコードとHRCの間のマージン指定が可能になりました。
EAN-128のアプリケーション識別子を示す括弧を任意の位置に追加できるようになりました。
標準料金代理収納の44桁目のチェックデジットを計算し、付加できるようになりました。

対応:2005年3月3日【不具合修正】

製品バージョン:
1.2.0.6(一次元バーコード)

[モジュール:BarStdo.*]

機能 修正内容 OS 対象製品
OCX版 VisualBasicでCODE128/EAN-128を使用すると、画面では表示されるが、印刷されない。 全OS Ver.2.0
Ver.1.2
OLE版 CODE128/EAN-128で最大化を指定するとHRCの位置がずれる。
DLL版 CODE128/EAN-128を使用しているとき、表示がおかしくなる場合がある。