サイト内の現在位置を表示しています。

BarcodeStudio - 動作環境

動作対象OS

  • Windows 10 (日本語版) *1
  • Windows 8.1 (日本語版) *1
  • Windows 7 (日本語版) *1
  • Windows Server 2016 (日本語版)
  • Windows Server 2012 R2 (日本語版)
  • Windows Server 2012 (日本語版)
  • Windows Server 2008R2 (日本語版)
  • Windows Server 2008 (日本語版)
  • *1
    動作対象OSは、64bit版を含みます。

提供するコンポーネントと動作アプリケーション

BarcodeStudioは、OLE/OCX(ActiveX)/Windows DLL/.NET Frameworkに対応しており、組込み先アプリケーションの特性に応じて、使い分けが可能となります。

OLE版

Microsoft® WordやMicrosoft® Excel等のOLE対応アプリケーションのオブジェクト挿入メニューから、バーコードイメージを作成することができます。簡易的に少数のバーコードイメージを作成する場合に適したご利用方法です。インストールCDからインストールされます。

OCX版

Microsoft® AccessやMicrosoft® Visual Basic等に、OCX(ActiveX)部品として組み込み、バーコードイメージを作成することができます。大量のコードデータから、自動的にバーコード生成する場合に適したご利用方法です。インストールCDからインストールされます。

  • OCX版、OLE版は、32ビット版アプリケーション上でのみ動作します。
    64ビットOSでは32ビットアプリケーションでのみ動作します。
    (例)Windows 10 (64bit)版のACCESSの32bit版では動作しますが、ACCESSの64bit版では動作しません。
    また、Microsoft Office ストアアプリ版でのご利用はできません。

DLL版

Windows DLL形式のモジュールです。I/Fを公開していますので、Microsoft® Visual C++等で作成するアプリケーションにバーコード生成機能を容易に実装することができます。

  • DLL版は32ビット用と64ビット用があります。インストールCDに同梱されているそれぞれのモジュールをご利用ください。ただし、VBAからはご利用になれません。

.NETクラスライブラリ版

サーバライセンス、ライセンス無制限版にのみ同梱されています。 VisualStudio .NETで作成するアプリケーションにバーコード生成機能を容易に実装することができます。

  • .NETクラスライブラリ版を使用する場合は、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 が動作する環境が必要です。
    詳細は提供するコンポーネントを参照してください。

ご不明な点は、右上の「資料請求・お問い合わせ」より、お気軽にお問い合わせください。