サイト内の現在位置を表示しています。

BarcodeStudio - 特長/機能

特長

BarcodeStudioは、WindowsのOLEに準拠したバーコード作成ツールです。

バーコードのサイズを自動的にプリンタに最適なサイズで印刷することで、スキャン精度の高いバーコードを印刷できます。 一方、バーコードのサイズをOCXのコントロールサイズにフィットする大きさになるように設定することができます。また、バーの幅と高さを0.01単位で設定することもできます。

  • 組み込みが簡単!サンプルパターンやお試し版がご利用いただけます。
  • 12種類の1次元バーコードと4種類の2次元バーコードに対応しています。
  • アプリケーションへの組み込み方法も豊富!SOHOなど個人でのご利用、開発システムへの組み込みなど、さまざまな使い方ができます。
  • 読み取り精度の高いバーコードが生成できます。

4つのコンポーネントをご用意

BarcodeStudioには、「BarcodeStudio OCX版」(OLEコントロール)と「BarcodeStudio OLE版」(OLEサーバ)、「BarcodeStudio DLL版」、「BarcodeStudio .NETクラスライブラリ版」の4つのコンポーネントがあり、 組み込み先アプリケーションの特性に応じた様々な使い方が可能です。
また、「BarcodeStudio DLL版」では、「共有DLLでMFCを使用」するものと、「MFCのスタティックライブラリを使用」するものの2種類をご用意しています。

  • コンポーネントによって動作環境が一部異なります。詳細は「動作環境」を参照してください。
使用イメージ

BarcodeStudio OCX版(OLEコントロール)

WindowsのOLE技術を利用することで、簡単に他のアプリケーションに対してバーコード作成機能を追加することができます。

  • Access/Visual Basicのサンプルプログラムが添付されているので、活用時に参考にすることができます。
画面イメージ
OCX版を使ったGS1合成シンボル生成のイメージ

BarcodeStudio OLE版(OLEサーバ)

WindowsのOLE技術を利用することで、簡単に他のアプリケーションに対してバーコード作成機能を追加することができます。

画面イメージ
OLE版を使ったQRコード生成のイメージ

BarcodeStudio DLL版

C言語で作成されるアプリケーションに、バーコード作成機能を追加することができます。

  • Visual C++のサンプルプログラムが添付されているので、活用時に参考にすることができます。
画面イメージ
DLL版を使ったDataMatrix生成のイメージ

BarcodeStudio .NETクラスライブラリ版

Visual Studio .NETで作成されるアプリケーションに、バーコード作成機能を追加することができます。

  • Visual C# .NET/Visual Basic .NETのサンプルプログラムが添付されているので、活用時に参考にすることができます。
画面イメージ
.NET版を使った標準料金代理収納用シンボル生成のイメージ