サイト内の現在位置

AppDynamics - 機能詳細

機能一覧

アプリケーション監視

自動アプリケーション・フローマップ描画

エージェントを監視対象のアプリケーション稼働環境にインストールするだけで、監視対象のシステム全体の相関図を自動的に作成します。

ダイアグノスティックス(問題分析)

スローダウン時に実行された処理(プログラムコード)のスナップショットを自動取得し、問題の事象を再現させることなく原因究明が可能です。

フローマップからのドリルダウンで、すぐに問題のアプリケーション・コード、データベース・コール、インフラストラクチャ性能を確認可能です。

画面イメージ

画面イメージ

画面イメージ

自動ベースライニング

平常時のパフォーマンスを学習して閾値を自動設定し、平常時のパフォーマンスからの逸脱を検知します。
ビジネス・メトリックスを含むAppDynamicsに収集されたあらゆるメトリックスに対して、ベースラインを作成します。

ユーザ体感監視

ブラウザユーザー監視

全てのWebユーザーのリクエストの詳細なロードタイム分析を提供し、エンドユーザーが体感しているパフォーマンスを可視化します。
Webページの性能問題を、ネットワーク接続、サーバー処理、外部コール、ブラウザ側処理等に分類して、分析できます。

モバイルユーザー監視

モバイル・アプリの利用状況やクラッシュ情報を自動的に収集し、ユーザーのモバイル・アプリ体験を理解して性能改善を促進します。
モバイル・アプリが実行するネットワーク・リクエストとサーバー側のトランザクション監視により、エンド-to-エンドの可視化を実現しています。

シンセティック・レスポンス監視

Seleniumベースのテストスクリプトを使用して、プロアクティブにWebサイトの可用性とパフォーマンスをテストします。これにより、Webサイトおよびサードパーティ・サービスが、稼働中の応答性能、機能性および可用性に関わるSLAを充足していることを確認できます。

ビジネス監視

ビジネス・パフォーマンス・ダッシュボード

リアルタイムにアプリケーション固有のビジネス指標を提供し、ビジネスKPIとアプリケーション性能の相関を数値で把握し、改善を確認できます。収集されたビジネス指標の値を自動的に監視し、ダッシュボードに警告を表示し、アラートを出すことが可能です。

カスタマー・ジャーニー・ダッシュボード

一連のカスタマ・イベントの性能とビジネス・インパクトを1つのダッシュボードに表示し、ビジネスに影響を与えているステップを特定して、アプリケーション動線の改善を可能にします。

カスタマー・セグメント・ダッシュボード

顧客セグメント毎のユーザーエクスペリエンスを可視化し、顧客セグメント特有の環境の異変を素早く検知します。

その他の監視機能

IoT監視

IoTデバイス・データとともにIoTアプリケーション性能データ、さらに中のビジネス・データを収集することで、IoTの性能分析、利用状況分析、ビジネス分析を統合して提供します。
デバイス側で発生したアプリケーション・エラーを収集し、全デバイスに渡るエラーの傾向分析および個別のデバイスでのエラー発生の両面で分析が可能です。