サイト内の現在位置を表示しています。

UNIVERGE IXシリーズ 技術情報

設定事例

v6プラス (MAP-E方式) 設定ガイド

日本ネットワークイネイブラー株式会社(以下、JPNE社)が提供するv6プラス(MAP-E方式)を利用して、IPv4インターネットとIPv6インターネットを同時に利用するための設定例を紹介します。

v6プラスの詳細は、JPNE社のサービス紹介ページをご参照ください。

v6プラスの接続構成図
図.v6プラスによるインターネット接続

設定ガイド集をお使いになる前に

  • 本設定例をご利用いただくには ver.10.1以降のソフトウェアが必要です。
  • 本設定例は「IX2106」を前提に記載しておりますが、その他ギガビットイーサネット対応機種(「IX2207」など)でも本ページの設定例をそのままご利用いただけます(ご利用構成によってはインタフェース番号の変更が必要です)。
  • 「IX2106」は、回線終端装置(ONU)、もしくはひかり電話対応機器(ひかり電話ルータ/ホームゲートウェイなど)のLANポートに接続してください。
  • 本例は、コマンドラインインタフェース(CLI)での設定を想定しています。お使いの機器が「IX2106」、「IX2207」の場合は、あらかじめ設定モードの変更を行ってください(変更方法)。

ルータのコンフィグモードに入るには、
Router# enable-config
と入力します。

準備 PCの設定とインターネット接続方法の確認

PCの設定

使用するPCに対して、「IPv4アドレス」と「IPv6アドレス」、「DNSサーバのアドレス」を自動取得する設定を行ってください。

インターネット接続方法の確認

IPv6 IPoEサービスでは、ひかり電話の契約状況により、インターネットの接続方法が異なります。設定については、ご利用中の装置のソフトウェアバージョンをご確認の上、以下の設定をご確認ください。

・ソフトウェアバージョン(Ver.10.3以降)
 接続方法の自動判別が動作します。設定例1をご確認ください。
・ソフトウェアバージョン(Ver.10.2以前)
 設定例2/設定例3のうち、現在の回線契約に合った設定例をお選びください。

IPv4インターネットとIPv6インターネットの両方に接続する場合の設定例
IPv4インターネットにのみ接続する場合の設定例

設定例1 v6プラス(MAP-E方式)の設定 - DHCPv6-PD/IPv6 RA 自動判別

概要

IPv6 IPoEサービスで「ひかり電話契約」の有無を自動判別する場合の設定例を紹介します。DHCPv6-PDとIPv6 RAのどちらかが利用可能な場合に、共通のコンフィグで接続できるようになります。DHCPv6-PDIPv6 RAの両方が動作している場合でもどちらかが選択されます。(DHCPv6-PD優先)

IXルータには、PD/RA自動判別機能の有効設定の他に、DHCPv6クライアント機能とステートアドレス自動設定(または、NDプロキシ設定)を行います。

※本設定例は、ソフトウェアバージョンVer.10.3以降対応

IX2106の設定

以下の設定をIX2106に投入します。

ip ufs-cache max-entries 20000
ip ufs-cache enable
ip route default Tunnel0.0
ip dhcp enable
!
ipv6 ufs-cache max-entries 10000
ipv6 ufs-cache enable
ipv6 dhcp enable
!
proxy-dns ip enable
proxy-dns ip request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.1
!
ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  option-request dns-servers
  ia-pd subscriber GigaEthernet1.0 ::/64 eui-64
!
ipv6 dhcp server-profile dhcpv6-sv
  dns-server dhcp
!
interface GigaEthernet0.0
  no ip address
  ipv6 enable
  ipv6 traffic-class tos 0
  ipv6 autoselect enable
  ipv6 autoselect ra-delay 0
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  ipv6 nd proxy GigaEthernet1.0
  no shutdown
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.1/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  ipv6 enable
  ipv6 dhcp server dhcpv6-sv
  ipv6 nd ra enable
  ipv6 nd ra other-config-flag
  no shutdown
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode map-e
  ip address map-e
  ip tcp adjust-mss auto
  ip napt enable
  no shutdown

IPv6パケットフィルタの設定

本設定には、外部から内部へのIPv6アクセスを制限する設定が含まれておりません。セキュリティのため、以下の動的フィルタリング設定の追加を推奨します。

ipv6 access-list block-list deny ip src any dest any
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 546
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 547
ipv6 access-list icmpv6-list permit icmp src any dest any
ipv6 access-list tunnel-list permit 4 src any dest any
ipv6 access-list other-list permit ip src any dest any
ipv6 access-list dynamic cache 65535
ipv6 access-list dynamic dflt-list access other-list
!
interface GigaEthernet0.0
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 in
  ipv6 filter icmpv6-list 2 in
  ipv6 filter tunnel-list 3 in
  ipv6 filter block-list 100 in
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 out
  ipv6 filter icmpv6-list 2 out
  ipv6 filter tunnel-list 3 out
  ipv6 filter dflt-list 100 out

最後に設定の保存を行います。
Router(config)# write memory

設定例2 v6プラス(MAP-E方式)の設定 - IPv6 RA

概要

IPv6 IPoEサービスで「ひかり電話契約」が無い場合の設定例を紹介します。ひかり電話契約が無い場合、IPv6 IPoE網からは「RA(Router Advertisement)」によりIPv6プレフィックスの払い出しが行われます。

  • IXルータには、NDプロキシの設定と、IPv6ルーティングの設定を行います。
  • IXルータのLAN側インタフェース(GE1.0)にIPv6アドレスを自動設定し、そのIPv6アドレスを使用してJPNEのBR(Border Relay)とIPv4 over IPv6トンネルを設定します。

IX2106の設定

以下の設定をIX2106に投入します。

ip ufs-cache max-entries 20000
ip ufs-cache enable
ip route default Tunnel0.0
ip dhcp enable
!
ipv6 ufs-cache max-entries 10000
ipv6 ufs-cache enable
ipv6 dhcp enable
!
proxy-dns ip enable
proxy-dns ip request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.1
!
ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  information-request
  option-request dns-servers
!
ipv6 dhcp server-profile dhcpv6-sv
  dns-server dhcp
!
interface GigaEthernet0.0
  no ip address
  ipv6 enable
  ipv6 traffic-class tos 0
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  ipv6 nd proxy GigaEthernet1.0
  no shutdown
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.1/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  ipv6 enable
  ipv6 dhcp server dhcpv6-sv
  ipv6 nd ra enable
  ipv6 nd ra other-config-flag
  no shutdown
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode map-e
  ip address map-e
  ip tcp adjust-mss auto
  ip napt enable
  no shutdown

IPv6パケットフィルタの設定

本設定には、外部から内部へのIPv6アクセスを制限する設定が含まれておりません。セキュリティのため、以下の動的フィルタリング設定の追加を推奨します。

ipv6 access-list block-list deny ip src any dest any
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 546
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 547
ipv6 access-list icmpv6-list permit icmp src any dest any
ipv6 access-list tunnel-list permit 4 src any dest any
ipv6 access-list other-list permit ip src any dest any
ipv6 access-list dynamic cache 65535
ipv6 access-list dynamic dflt-list access other-list
!
interface GigaEthernet0.0
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 in
  ipv6 filter icmpv6-list 2 in
  ipv6 filter tunnel-list 3 in
  ipv6 filter block-list 100 in
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 out
  ipv6 filter icmpv6-list 2 out
  ipv6 filter tunnel-list 3 out
  ipv6 filter dflt-list 100 out

最後に設定の保存を行います。
Router(config)# write memory

設定例3 v6プラス(MAP-E方式)の設定 - DHCPv6-PD

概要

IPv6 IPoEサービスで「ひかり電話契約」が有りの場合の設定例を紹介します。ひかり電話契約有り場合、IPv6 IPoE網からは「DHCPv6-PD」によりIPv6プレフィックスの払い出しが行われます。

なお、ひかり電話契約有りの場合でも、ひかり電話対応機器(ひかり電話ルータ/ホームゲートウェイなど)のLANポートにIXルータを接続する場合には、設定例1のIPv6 RAでの設定をご利用ください。

  • IXルータには、DHCPv6-PDクライアントの設定と、IPv6ルーティングの設定を行います。
  • IXルータのLAN側インタフェース(GE1.0)にIPv6アドレスを自動設定し、そのIPv6アドレスを使用してJPNEのBR(Border Relay)とIPv4 over IPv6トンネルを設定します。

IX2106の設定

以下の設定をIX2106に投入します。

ip ufs-cache max-entries 20000
ip ufs-cache enable
ip route default Tunnel0.0
ip dhcp enable
!
ipv6 ufs-cache max-entries 10000
ipv6 ufs-cache enable
ipv6 dhcp enable
!
proxy-dns ip enable
proxy-dns ip request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.1
!
ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  option-request dns-servers
  ia-pd subscriber GigaEthernet1.0 ::/64 eui-64
!
ipv6 dhcp server-profile dhcpv6-sv
  dns-server dhcp
!
interface GigaEthernet0.0
  no ip address
  ipv6 enable
  ipv6 traffic-class tos 0
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  no shutdown
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.1/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  ipv6 enable
  ipv6 dhcp server dhcpv6-sv
  ipv6 nd ra enable
  ipv6 nd ra other-config-flag
  no shutdown
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode map-e
  ip address map-e
  ip tcp adjust-mss auto
  ip napt enable
  no shutdown

IPv6パケットフィルタの設定

本設定には、外部から内部へのIPv6アクセスを制限する設定が含まれておりません。セキュリティのため、以下の動的フィルタリング設定の追加を推奨します。

ipv6 access-list block-list deny ip src any dest any
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 546
ipv6 access-list dhcpv6-list permit udp src any sport any dest any dport eq 547
ipv6 access-list icmpv6-list permit icmp src any dest any
ipv6 access-list tunnel-list permit 4 src any dest any
ipv6 access-list other-list permit ip src any dest any
ipv6 access-list dynamic cache 65535
ipv6 access-list dynamic dflt-list access other-list
!
interface GigaEthernet0.0
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 in
  ipv6 filter icmpv6-list 2 in
  ipv6 filter tunnel-list 3 in
  ipv6 filter block-list 100 in
  ipv6 filter dhcpv6-list 1 out
  ipv6 filter icmpv6-list 2 out
  ipv6 filter tunnel-list 3 out
  ipv6 filter dflt-list 100 out

最後に設定の保存を行います。
Router(config)# write memory

設定例4 v6プラス(MAP-E方式)の設定 - IPv6 RA

概要

設定例3ではv6プラス(MAP-E方式)でIPv4インターネットにのみ接続する場合の設定例を紹介します。

IPv6 IPoEサービスで「ひかり電話契約」が無い場合の設定例を紹介します。ひかり電話契約が無い場合、IPv6 IPoE網からは「RA(Router Advertisement)」によりIPv6プレフィックスの払い出しが行われます。

  • IXルータのWAN側インタフェース(GE0.0)にIPv6アドレスを自動設定し、そのIPv6アドレスを使用してJPNEのBR(Border Relay)とIPv4 over IPv6トンネルを設定します。

IX2106の設定

以下の設定をIX2106に投入します。

ip ufs-cache max-entries 20000
ip ufs-cache enable
ip route default Tunnel0.0
ip dhcp enable
!
ipv6 ufs-cache enable
!
proxy-dns ip enable
proxy-dns ip request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.1
!
ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  information-request
  option-request dns-servers
!
interface GigaEthernet0.0
  no ip address
  ipv6 enable
  ipv6 traffic-class tos 0
  ipv6 address autoconfig receive-default
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  no shutdown
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.1/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  no shutdown
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode map-e
  ip address map-e
  ip tcp adjust-mss auto
  ip napt enable
  no shutdown

最後に設定の保存を行います。
Router(config)# write memory

v6プラス(MAP-E方式)の設定 - 注意事項

一部通信への影響

設定例1-3までのデフォルトNAT(ポートセービングNAT)の場合、一部通信(インターネット対戦型ゲームなど)へ影響がでることが確認されてます。

NATの設定を見直して頂くことで、改善を行える可能性があります。
設定については、MAP-Eのインタフェース(設定例の場合はinterface Tunnel0.0)に設定追加ください。

1)UDPNATEIMモードに設定する。
   ※ Ver10.3以降

  ip napt eim-mode udp-only 

2)1)で改善しない場合にはTCPEIMモードに設定する。
    Ver10.2以前(TCP/UDPで有効) ポート数の消費大

  ip napt eim-mode


資料請求・お問い合わせ