NEC 365

マイクロソフト社のクラウドサービス「Office 365」を含むスイート製品「Microsoft 365」の導入には、オンプレミスのシステムとは異なったクラウドサービス特有の課題があります。
運用の難しさ、活用していくためのノウハウやリソースに不安を感じているお客様は珍しくありません。
また、Microsoft 365は世界中の企業の主なニーズを満たす設計のため、標準機能だけでは日本企業のニーズを満たすことはできません。セキュリティや認証も改めて考える必要があります。
NECは、多くのOffice 365導入実績で培った独自のノウハウをもとに、Microsoft 365の運用や定着化の各カテゴリに必要なサービスを一気通貫して提供します。
NEC 365は、Office 365導入・運用のご支援をするだけでなく、お客様の働き方改革を実現し、事業成長と企業価値を高めるための継続的なサポートを提供します。
NECは、お客様の真の働き方改革の実現に貢献していきます。

セキュリティ

シングルサインオン認証サービス

Office 365に認証させるためのシングルサインオンサービスを提供します。特定のネットワークやグループ情報を元に、様々なワークスタイルに適用したアクセス制御を実現します。

運用

運用代行

Microsoft 365に含まれるクラウドサービスOffice 365は変化し続けていますが、アップデート情報が様々なサイトに掲載されるため、「いつ報告されるのか」「どこで報告されているのか」キャッチアップするためには膨大な工数がかかってしまいます。
アップデートの内容には軽微なものから、エンドユーザに影響が発生する大きな変更を伴うものまであり、見逃すとサービス停止などの影響が発生する可能性があります。
NECでは、豊富な運用代行実績で培ったノウハウと、マイクロソフト社との連携による、運用代行サービスを提供し、Office 365の安定的な運用を支援します。

ヘルプデスク

電話または専用Webサイトから、24時間365日対応の「技術問い合わせ」と「障害時調査」サービスを提供します。

(注意)

  • 技術問い合わせや障害調査はOffice 365固有の問題に限ります。ハイブリッド環境の場合は、Windows Server OS/Exchange/SharePointなどのサーバ製品の保守契約がある場合に限り、連携調査が可能。
  • ※1:
    オンラインサービスを利用する上での Office Online、Office 365 Desktopアプリケーション、クライアントOSに関する質問・障害に対応
    • オフィスソフトの使い方やクライアント製品そのもののサポートは対象外
      (例:Excel、Wordなどの使い方、Office 365の利用に直接関係のないOS機能・操作の質問・障害など)
    • マイクロソフトが指定するサポート範囲外の製品の問い合わせは対象外
  • ※2:
    開発支援、性能問題分析・チューニングの実施、オンサイト対応は不可。また、仕様については、マイクロソフトが開示する公開情報以上の提供は不可。
  • ※3:
    データセンター側の障害については、マイクロソフトが開示する情報以上の提供は不可。

利活用促進

Microsoft 365ニュース

様々なサイトに散っているMicrosoft 365、Office 365のサービス更新情報やインシデント情報などを一覧形式のレポート(日本語)で提供します。情報収集にかかる運用負荷を軽減します。

サービス更新管理ニュースレター(月刊)
  • 様々なサイトに散在しているOffice 365のサービス更新情報を対象サービス毎に分類し情報提供(新機能、強化予定)
  • 情報は日本語表記に統一し、NDA限定情報も含め提供

Office 365通信(週刊&月刊)
  • Office 365サービス正常性状況、過去及び現在発生中のインシデント状況、各サービスのメンテナンスやURL、IPアドレス(変更有無)に関する情報などを提供

【ご注意】
サービス提供には、別途、Digital Partner of Record(マイクロソフトの指名パートナー制度のプログラム)にご登録いただく必要があります。

エンドユーザ教育サービス

エンドユーザを対象とした基礎トレーニングをeラーニング形式で提供します。

【ご注意】

  • 受講には、別途、Digital Partner of Record(マイクロソフトの指名パートナー制度のプログラム)にご登録いただく必要があります。
  • 受講人数は、お客様のOffice 365利用ユーザ数、およびマイクロソフトのプログラム変更により変動します。