内部統制の強化を支援- 機能紹介

ERPシステム EXPLANNER/Z

内部統制の強化を支援

利用者・取引先・銀行などの営業部門・人事総務部門にて共通的に使用するマスター情報を一元管理し、商談発生~売上・入金~仕訳生成など業務間をまたがる情報をシームレスに連携させることで、情報の不整合発生防止および業務処理の最適化をサポートします。
また、利用者メニュー権限設定、ログ管理、マスター変更履歴管理、承認などの様々な機能により、お客様における内部統制強化を支援します。

ユーザ単位で設定できる強固なアクセスコントロール機能

利用可能なメニュー、伝票、マスターなどをログインIDごとに限定することができます。また、1利用者に複数の部門(本務、兼務など)を登録でき、ログイン時に部門の選択が可能です。

業務メニュー画面
ログイン画面

各種ログ管理機能、マスター履歴管理機能でセキュアな運用をサポート

アプリケーションログ、操作ログ、セキュリティログ、認証ログ、メッセージログ、エラーログ、バッチ実行ログなど、運用状況、履歴の採取・ビューアによる照会機能をサポートします。ログは改ざんできないようデータベースに保存されています。

アプリケーション実行ログ検索

マスターメンテナンスの履歴の採取、ビューアによる照会機能を提供します。マスター更新履歴に加えて、データの差異表示も可能です。

マスター更新履歴差異表示