動作環境・導入方式

ERPシステム:EXPLANNER/Ax

動作環境

ERPシステムEXPLANNER/Axの動作環境をご紹介します。

サーバーOS Microsoft® WindowsServer® 2022 Ver21H2
データベース Oracle® Database 19c(19.20.0.0)
クライアントOS Microsoft® Windows® 11 Ver22H2
Office Microsoft® Office 2021
Microsoft 365® Ver.2211

導入方式

ERPシステムEXPLANNER/Axの導入方式をご紹介します。
パッケージ型ソリューション、クラウド型ソリューションなど、お客様の目的とニーズに応じた導入が可能です。

クラウド型の特長

  • EXPLANNERは基幹業務の全領域をクラウド環境から提供できます。
  • 「会計」などの標準化や業務品質向上が求められている共通領域はクラウドで、「生産管理」や「販売管理」など他社との差異化戦略の領域はホスティングといったハイブリッド型の提供も可能です。
  • 信頼性の高いインフラ上で、拡張性に優れた高付加価値のサービスを実現します。

パッケージ型の特長

  • 開発フレームワークの提供で、お客様独自の付加価値を自由に反映することが可能です。
  • 経営環境やビジネスの変化に応じて、業務内容の変更にも柔軟に対応できます。
  • 既存のアプリケーションや各種ソリューションとの連携により、企業の成長に合わせシステムを進化させることができます。

ユーザビリティを意識した高い操作性と、利用規模に応じたスケーラビリティを両立
オンプレミス、クラウドの選択が可能