物流部門の課題:企業の課題を解決できるERPシステム

ERPシステム:EXPLANNER/Ax

最適なビジネス戦略を実現するためには効率的事業運営が欠かせません。EXPLANNER/Axは、企業における課題を総合的に解決することができ、業務プロセスの自動化や可視化による効率化を実現します。

課題1 有効在庫と現在庫をすぐに確認したい。
解決策1 

リアルタイムな在庫管理。いつでも最新の有効在庫を把握します。

  • 受注伝票入力と発注伝票入力により予定在庫がリアルタイムに管理可能です。
  • 伝票入力中に画面上で「現在庫」「引当残」「予定在庫」を確認でき、さらに入出庫明細表を入力画面から起動し、入庫・出庫タイミングから在庫残高情報を確認できます。
  • 在庫一覧表、在庫台帳など在庫確認帳票に加え、ハイパーグリッド在庫検索による確認が可能です。

課題2 在庫不足による機会ロスが多い。
適正在庫を管理し、余剰在庫を削減したい。
解決策2 

適正在庫を管理し、余剰在庫を削減します。

  • 倉庫別商品別に適正在庫数・発注点を登録し、「補充発注検討表」にて在庫不足状況を把握することが可能です。
  • 「補充発注検討表」は現在庫・予定在庫数が発注点を下回った場合、対象商品のみを確認することができます。
  • 適正在庫をリアルタイムに管理することで、必要在庫を確保し、余剰在庫の削減が可能です。

課題3 効率よく出荷作業を行いたい。
解決策3 

優れた出荷指示機能で、出荷数量をコントロールすることができます。

  • 出荷対象の受注明細を一覧表示し、明細単位に出荷数量を変更することができます。
  • 人気商品で在庫不足が目立つ商品や、生産数量が限定されている商品に対して出荷数をコントロールすることができます。
  • 一括出荷指示機能と併用し、きめ細かな管理とスピード出荷のどちらにも対応します。

課題4 在庫評価額をリアルタイムに把握したい。
解決策4 

標準原価、最終仕入、移動平均、総平均から在庫評価方法を選択します。

  • 在庫評価方法「移動平均」に標準対応しているパッケージです。
  • 仕入・入出庫・在庫振替伝票が発生するタイミングでリアルタイムに評価額が算出されます。
  • 標準原価、最終仕入、総平均にも対応しており、お客様の業種業態に合せて在庫評価計算方法を選択可能です。

課題5 棚卸業務を効率化したい。
解決策5 

棚卸差異調整の自動化により伝票入力が不要になります。

  • 棚卸管理業務は、棚卸指示→棚卸実施→差異調整の3段階で処理を行います。
  • 差異調整の方法として棚卸結果を入力し差異を自動調整する方法を採用すると、差異調整の伝票入力を省略することができ、業務の効率化が図れます。
  • 差異が発生した商品のみ棚卸調整伝票を入力する方法にも対応しており、お客様の業務に合わせて最適な処理方法が選択可能です。

課題6 ロケーションを管理したい。
解決策6 

在庫情報と一緒に棚番を管理。出荷業務を効率化できます。

  • 倉庫別商品別に棚番を登録し「ピッキングリスト」に棚番を表示することで荷揃え作業を効率化することができます。

営業部門様のお困りごと

  • さまざまなお客様、さまざまな取引形態に対応したい
  • 商談の各フェーズで利益を管理、可視化したい
  • 多くの商品を効率的に管理したい
  • 在庫を適正にコントロールしたい
  • 外部システムと連携したい

会計部門様のお困りごと

  • 「固定業務過多」と「求められる正確性」による負担を減らしたい
  • 「期間厳守」による月末残業を改善したい
  • 決算期限を遵守するために作業の効率化をしなければならない
  • 海外にあるグループ会社を含めた会計処理を円滑化したい
  • IFRSセグメント情報開示への対応
  • 経営状況を把握したい
  • 経営戦略を策定したい