カスタマイズ性- 機能紹介: ERPシステム EXPLANNER/Z

カスタマイズ生産性とバージョンアップ追随性の向上を実現

EXPLANNER/Zはクラス呼出方式を採用しています。プログラム手法の機能と違い、処理機能増加による影響度の局所化を図ることが可能です。

開発フレームワークの提供

  • 開発フレームワークの提供で、お客様独自の付加価値を自由に反映することが可能です。
  • 経営環境やビジネスの変化に応じて、業務内容の変更にも柔軟に対応できます。
  • 既存のアプリケーションや各種ソリューションとの連携により、企業の成長に合わせシステムを進化させることができます。

フレームワークの提供と、クラス呼出方式の採用により、カスタマイズ効率化とバージョンアップ追随性を向上。
企業様固有機能への対応と、長期利用が可能なIT基盤をご提供します。