ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. UNIVERGE QXシリーズ
  5. 製品ラインナップ
  6. QX-Sシリーズ
  7. QX-S5628GT-4X2Q/QX-S5648GT-4X2Q/QX-S5624GT-4X1C/QX-S5648GT-4X1C/QX-S5624GP-4X1C
ここから本文です。

UNIVERGE QXシリーズ 製品ラインナップ

レイヤ3スイッチ

QX-S5628GT-4X2Q/QX-S5648GT-4X2Q/QX-S5624GT-4X1C/QX-S5648GT-4X1C/QX-S5624GP-4X1C

リミテッドライフタイム保証サービス対象製品

QX-S5628GT-4X2Q

QX-S5648GT-4X2Q

QX-S5624GT-4X1C

QX-S5648GT-4X1C

QX-S5624GP-4X1C

製品概要

豊富なレイヤ3機能を備え、リングプロトコル、IRFスタック、EVPN(VXLAN)、10GbE/40GbEアップリンクに対応したスタッカブル「1GbE高機能・レイヤ3スイッチ」

価格

機種名 S5628GT-4X2Q S5648GT-4X2Q S5624GT-4X1C S5648GT-4X1C S5624GP-4X1C
型番 B02014-05601 B02014-05602 B02014-05603 B02014-05604 B02014-05605
希望小売価格(円) 768,000
(税込829,440)
1,188,000
(税込1,283,040)
748,000
(税込807,840)
1,168,000
(税込1,261,440)
1,058,000
(税込1,142,640)
  • ※:電源、ファンが含まれていません。電源ユニットが最低1個必要です。ファンユニットが2個必要です。

特長

  • QX-S5628GT-4X2Qは、装置前面に10/100/1000Base-T(1GbE)を28ポート、SFP(1GbE)を4ポート、SFP+(10GbE)を4ポート、装置背面にQSFP+(40GbE)を2ポート標準装備
  • QX-S5648GT-4X2Qは、装置前面に10/100/1000Base-T(1GbE)を48ポート、SFP+(10GbE)を4ポート、装置背面にQSFP+(40GbE)を2ポート標準装備
  • QX-S5624GT-4X1Cは、装置前面に10/100/1000Base-T(1GbE)を24ポート、SFP(1GbE)を8ポート、SFP+(10GbE)を4ポート、装置背面に拡張スロットを1スロット標準装備
  • QX-S5648GT-4X1Cは、装置前面に10/100/1000Base-T(1GbE)を48ポート、SFP+(10GbE)を4ポート、装置背面に拡張スロットを1スロット標準装備
  • QX-S5624GP-4X1Cは、装置前面にSFP(1GbE)を24ポート、10/100/1000Base-T(1GbE)を8ポート、SFP+(10GbE)を4ポート、装置背面に拡張スロットを1スロット標準装備
  • EVPN(VXLAN)に対応
  • 8クラスの優先制御キュー、帯域制御、CoS/DSCPに基づいたPQ/WRRスケジューリング方式により高度なQoSを実現
  • STP/RSTP/MSTPによる経路冗長化に対応し、高信頼度が要求されるネットワークに利用可能
  • ルーティング機能としてスタティック、RIPv1/v2、RIPng、OSPFv2/v3、BGP4/BGP4+、VRRP(IPv4/IPv6)をサポートし、またマルチキャスト機能としてIGMPv1/v2/v3、MLDv1/v2、マルチキャストVLAN、PIM-SM、PIM-SSMに対応
  • IPv6をサポート(ping6、telnet6、SNMP、MLDスヌーピングなど)
  • スタック接続機能として、高速切替可能なIRFスタック(Intelligent Resilient Framework)をサポート
  • トラフィックサンプリングテクノロジーであるsFlowをサポート
  • 物理的に1台のレイヤ3スイッチを、複数台の仮想的なルータとして動かすネットワーク仮想化技術VRF-Liteに対応
  • QX-S5628GT-4X2Q/S5648GT-4X2Qは、外部冗長化電源オプション(QX-PS800-T2)による電源冗長化対応
  • QX-S5624GT-4X1C/S5648GT-4X1C/S5624GP-4X1Cは、1Uでの電源冗長が可能

仕様

機種名 S5628GT-4X2Q S5648GT-4X2Q S5624GT-4X1C S5648GT-4X1C S5624GP-4X1C
パフォーマンス スイッチング容量[bps] 296.0G 336.0G 288.0G 336.0G 288.0G
転送レート[pps] 180.0M(※1)
スイッチング方式(※2) S&F
MACアドレス・テーブル 64K(48K)(※3)
ルーティングテーブル(IPv4/IPv6) 32K/16K
ARPテーブル 7.5K(16K)(※3)
インタフェース 1GbE 10/100/1000BASE-T 28 48 24 48 8c(※4)
SFPスロット 4c(※4) - 8c(※4) - 24
10GbE SFP+スロット 4 4 4 4 4
40GbE QSFP+スロット 2 2 - - -
拡張カードスロット数 - - 1 1 1
マネージメントポート 1 1 1 1 1
コンソールポート
IRFスタック IRFスタックバージョン IRFv2
IRFスタック最大台数 9
MAD/ISSU ○/○
VLAN IEEE802.1Q
ポートVLAN
プロトコルVLAN
IPサブネットベースVLAN
Private VLAN
Voice VLAN
最大VLAN数[IPアドレス設定可能数] 4094[1024]
VLANマッピング
QinQ
ポート機能 Auto Negotiation/速度・全半二重固定 ○/○
Auto MDI・MDIX/MDIX固定 ○/○
フローコントロール(IEEE802.3X)
EAP透過/BPDU透過 ○/○
ポートアイソレート
パケット転送抑制(Suppression)(※5) B/M/U
ストーム抑止(Storm-Constrain)(※5) B/M/U
ジャンボフレーム(byte) 10000
ループ検出(マルチポートループ対応)
片方向リンク検知(DLDP)
Ethernet OAM(IEEE802.3ah)
CFD(IEEE802.1ag)
リンクアグリゲーション(LACP対応)
スパニングツリー(※6) S/R/M/P
リングプロトコル(RRPP)
パケットフィルタ(ACL)
IPv6管理
QoS SPQ
WRR
帯域制限(※7) LR/CAR/GTS
トラスト/マーキング ○/○
QoSクラス数 8
セキュリティ 802.1X認証
MACアドレス認証
Web認証
トリプル認証
ポートセキュリティ
ダイナミックVLAN(※8) PORT/MAC
ローカル認証
ルーティング関連 スタティック
RIP v1/v2/ng
OSPF v2/v3
BGP 4/4+
ポリシーベースルーティング
VRRP
BFD
VRF-Lite(MCE)
マルチキャスト マルチキャストVLAN
IGMPv1/v2/v3スヌーピング
MLDv1/v2スヌーピング
IGMPv1/v2/v3
MLDv1/v2
PIM-SM/PIM-SSM ○/○
トンネル(※9) G/44/46/64/66
VXLAN(EVPN)
管理機能 telnet/ssh/WEBコンソール ○/○/-
ftp・tftpクライアント/ftpサーバ ○/○
LLDP
DHCP(※10) C/R/SV/SN
NTPクライアント/NTPサーバ ○/○
Syslog
ログファイル
SNMPv1/v2c/v3
標準MIB、Private MIB
RMON
sFlow
ポートミラーリング
エコ機能 EEE(IEEE802.3az)
スケジュールタスク
物理仕様 外形寸法(W×D×H)[mm] 440×261×43.6 440×361×43.6
質量 3.9kg 4.2kg 4.4kg 4.7kg 4.4kg
AC電源入力[50/60Hz](定格/最大) 100~240V (90~264V)
DC電源入力(定格/最大) -60~-48V (-72~-36V)
最大消費電力(PoE給電電力量含む) 61W(AC)
/63W(DC)
69W(AC)
/72W(DC)
83W(AC)
/91W(DC)
93W(AC)
/100W(DC)
92W(AC)
/86W(DC)
電源冗長 QX-PS800-T2 ○(1U電源冗長)
動作温度/動作湿度(非結露が前提) 0~45℃/10~90%
19インチラック搭載用品 標準添付
USBメモリ USB-2G
VCCI ClassA/RoHS指令対応 ○/○
保証期間 リミテッドライフタイム保証
  • ※1:ハードウェアでサポートしている最大の転送レートを示す
  • ※2:S&F=ストア&フォワード方式、CT=カットスルー方式
  • ※3:MACアドレステーブルはARPテーブルとの共有部分あり。MACアドレステーブルは最大で64K、最小で48Kまで使用可能。ARPテーブルは最大で16K、最小で7.5Kまで使用可能
  • ※4:c=コンボポート
  • ※5:B=Broadcast、M=Multicast、U=Unknown unicast
  • ※6:S=STP(IEEE802.1d)、R=RSTP(IEEE802.1w)、M=MSTP(IEEE802.1s)、P=PVST+
  • ※7:LR=Line Rate、CAR=Commited Access Rate、GTS=Generic Traffic Shaping
  • ※8:PORT=ダイナミックポートベースVLAN、MAC=ダイナミックMACベースVLAN
  • ※9:G=GREトンネル、44=IPv4 over IPv4、46=IPv4 over IPv6、64=IPv6 over IPv4、66=IPv6 over IPv6
  • ※10:C=Client、R=Relay、SV=Server、SN=Snooping

ページの先頭へ戻る