サイト内の現在位置

NEC、商品をレジに通さず決済可能なレジレス型の店舗を本社ビル内にオープン

~店舗運営の効率化と快適な買い物体験を実現~

2019年12月23日
日本電気株式会社

NECは、店舗内に設置したカメラや画像認識技術などを組み合わせることで、商品をレジに通さず決済可能なレジレス型の店舗を2020年2月に本社ビル内にオープンします。

昨今、小売業では、国内の労働人口減少による人手不足が深刻化する中、デジタルを活用した店舗運営の効率化や、快適で心地よい買い物体験の実現に向けた取り組みが加速しています。

NECは、小売業向けに「Smart Retail CX」(注1)のコンセプトのもと、消費者行動の変化、そして急速に進む労働力不足といった課題に取り組んでいます。現在、快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営を実現するための技術、ソリューション、及びサービスの体系化を進めており、その一部を本店舗に実装しました。

本店舗は、購入したい商品を手に取った後、商品をレジに通すことなくそのまま退店するだけで決済可能なレジレス型の店舗です。退店と同時に決済が行われ給与システムと連動し精算されます。これにより、店舗側はレジ人員の人手不足を解消できることに加え、利用者は商品スキャンによるレジ待ち時間の短縮が可能です。

店舗外観
店舗外観
店舗内の様子
店舗内の様子

なお、本店舗は当社が小売業向けに構築した売上管理、顧客管理等の店舗システムと、Cloudpick(云拿)社が有するセンサーからのデータ解析システムを連携することで実現しています。

今後、社員証による入店管理に加え、NECの生体認証「Bio-IDiom」(注2)の中核技術であり、世界No.1 (注3)の認証精度を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」(注4)を活用した顔認証による入店管理を予定しています。また、給与天引きの決済に加え、クレジットカードや各種電子マネーと連携した決済を順次実現していく予定です。

NECは、本店舗での運用ノウハウを活かし、2020年度中に省人化店舗を実現するソリューションの提供を目指すとともに、今後も国内・海外の小売業のデジタルトランスフォーメーション実現に向け、様々な企業と連携しエコシステムを構築していきます。

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、生体認証やAI・IoTなどの先進技術を活用し、今後も快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現「Smart Retail CX」に取り組みます。これにより人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」(注5)をお客様と共に実現していきます。

以上

  • (注1)
  • (注2)

    「Bio-IDiom(バイオイディオム)」は、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響など、NECの生体認証の総称です。世界トップクラスの技術や豊富な実績を活かし、ニーズに合わせて生体認証を使い分け、あるいは組み合わせることで、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していきます。
  • (注3)
    米国国立標準技術研究所(NIST)による顔認証技術の性能評価で5回目の第1位を獲得https://jpn.nec.com/press/201910/20191003_01.html
  • (注4)
    顔認証AIエンジン「NeoFace」:
    http://jpn.nec.com/solution/face-recognition/
  • (注5)
    NEC Value Chain Innovation:
    最先端のデジタル技術を活用し、お客さまとの共創活動を通じて、人やモノ、プロセスを企業・産業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を生み出すNECの事業領域。地球との共生、企業の持続的な成長と人が豊かに生きる社会の実現に貢献。
    https://jpn.nec.com/nvci/index.html

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第一リテールソリューション事業部
E-Mail:info@1rs.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

Orchestrating a brighter world