サイト内の現在位置

POSに関する6つの勘違い

突然ですが、POSに関して、以下、すべて間違いです
突然ですが、POSに関して、以下、すべて間違いです
間違い1
DX推進とは関係ない
間違い2
周辺サービスとの
連携コストが高い
間違い3
カスタマイズするのが当然だ
間違い4
サブスク型POS
小規模事業者が利用するもの
間違い5
自社の
こだわりを反映すべき
間違い6
検討は5年ごと。だから
今ではない
サブスク型POSなら、以下、すべて正解です

  • 多くの周辺サービスとカスタマイズ無しで連携可能
  • 外部環境変化に応じた個別開発が不要
  • 定期バージョンアップで、手間なく最新のPOSが利用可能

POSに悩むことはもうやめて、お客様を笑顔にすることに注力しませんか。

詳しくはこちら

事実として、
1,000店舗規模の飲食事業者も、

サブスク型POSをカスタマイズ無しで
導入し始めています。

サブスク型POSとは、スマートデバイス上で動作するアプリとして提供され、月額利用料を支払うことで利用できるPOSサービスのことを指します。

関心が高まっているサブスク型POS!
「企業規模別に見た、POSレジアプリの導入検討状況」

お問い合わせ