サイト内の現在位置

Mendix - 特長/機能

特長

  • 従来比70%減の工数で10倍の開発スピードを実現するローコード開発・運用プラットフォーム
  • WWでユーザ事例1000社超(25業種)/23.5万システムの開発実績
  • Gartner や Forrester のレポートにおいて、Mendix は エンタープライズ向け ローコードプラットフォームのリーダーの位置づけ
画面イメージ

ローコード開発

  • 業務要件とアプリモデルの乖離を防止するためモデル駆動型開発手法を採用しています。
  • 要件定義・設計・実装などのスピードアップのため事業部門とIT部門の協働を促進します。
  • CI/CDを一貫してサポートする機能を提供します。
  • 再利用可能なUIテンプレート、コネクタ、決まった処理ロジックなどをワンクリックで取り込むことが可能です。
  • AIによる開発支援機能があり、品質、性能、保守に関するアドバイスを行うことが可能です。
  • ISOをはじめ多くのセキュリティ標準に準拠しています。

マルチエクスペリエンス

  • オフライン動作も可能な、あらゆるチャネル、デバイスに対応するスマートコネクテッドなアプリ開発が可能です。
  • デバイスに自動的に適応するレスポンシブUIを簡単に開発できます。
  • ユーザーエクスペリエンスを最適化するために、デバイスタイプ(デスクトップ、タブレット、モバイル)ごとにユーザーインターフェイスを細かく設定できます。

外部データ/サービス連携

  • Mendixの外部で提供されているデータやサービスをアプリと統合したり、あるいはMendix内のデータやアプリの機能を外部に公開するため、多数の手段を提供しています。
  • 管理するデータの整合性とセキュリティを維持するための機能を提供しています。

マルチクラウド

  • ワンクリックで、あらゆるパブリックあるいはプライベートクラウド、オンプレミスにアプリを展開できます。
  • Kubernetesをアプリ展開・運用の基盤として採用しています。

市場調査レポートで高評価

GartnerやForresterのレポートにおいて、高評価を受けています。

  • LCP市場でリーダーの位置づけ、 単一ツールでの簡単なアプリ開発や開発部門と事業部門の協働を強みと評価
  • LCP市場でリーダーの位置づけ、Mendixは汎用的な優れた統合PF
  • 5個のユースケース中3個で最高点 (事業部門と連携した開発、モバイルやWebの開発、チームでの開発)

機能