サイト内の現在位置

Mendix - 機能詳細 - 外部データ/サービス連携

あらゆるデータソース、システム、サービスが提供するデータ&ロジックを統合できます。

データ管理

データ連携(Data Hub)

社内外の複数組織が管理するデータをハブ機構により共有できます。
信頼性を確認したデータソースを一元的に管理し、アプリケーションから利用されるデータの一貫性を保証できます。

データ探索 & 理解 (Data Hub Catalog)

  • WebやMendix Studio・Mendix Studio Proから誰でも安全にデータを検索
  • シームレスなデータの相互参照
  • シンプルなUXにより、データ内容やメタデータの管理、変更、保守を一元化

データ活用 & 共有 (External Entities & BI)

  • 外部データの利用はドラッグ&ドロップで実現
  • 外部ソースへのページング、検索、フィルタリングの実装時間を短縮
  • アプリ内のデータと同様に操作可能

マージ & 観察 (Curation & Dependency Tools)

  • データソース、使用者、依存関係、バージョンの把握
  • 特定のデータソースやデータセットの検索、絞り込み
  • カスタムタグを活用して組織のコンテキストを提供

外部データ&サービスとの統合手段

アプリが外部のデータやサービスにアクセスするための多様な手段を提供します。

接続方法

概要

メッセージ定義 外部システムと交換するメッセージを定義
マッピング 外部メッセージとエンティティのそれぞれのデータの対応関係を定義
Webサービス マイクロフローをWebサービスとして公開し、マイクロフローから外部Webサービスを呼び出し
RESTサービス マイクロフローとエンティティをRESTリソースとして公開し、マイクロフローから外部REST APIを呼び出し
OData ODataは、RESTプロトコルの上に一般的なデータアクセスとクエリインターフェイスを提供。これにより、さまざまなサードパーティツール(Excel、Rなど)のデータにアクセス可能
コネクタ
  • 外部サービスを呼び出すための専用モジュール(SAP、Twitter、Salesforceなど)
  • App Store/Marketplaceに多数公開
  • Mendixコネクタキットを使って、カスタムコネクタを作成することが可能
DBコネクタ SQLクエリとストアドプロシージャを実行するため、データベースへの直接JDBCアクセスが可能
インポータ/エクスポータ Excel、CSV、固定長・可変長ファイルなどの入出力を実施

アプリケーション性能管理製品の AppDynamics と連携し、アプリケーションの性能分析が可能です。

整合性とセキュリティ

Mendixは、データの整合性確保のためさまざまな方法をサポートしています。
Mendix Cloudのすべてのデータを暗号化して管理しています。

整合性チェックルール

  • データ型
    有効なデータ型のみを保存できるようにします。
  • 検証ルール
    データが一意である、指定の範囲内にあるなどを検証します。
  • イベントハンドラー
    マイクロフローを使用してデータのチェックロジックを作成できます。
  • アクセスルール
    許可されたユーザーのみがデータにアクセスまたは変更できるようにします。
  • 参照整合性
    データが必要な関連データとともに保存されていることを確認します。

データセキュリティ

  • エンティティ内のデータについて、ユーザーのアクセス権限をチェックするデータ認証機能を提供しています。
  • Mendix Cloudのすべてのデータベースファイルは、暗号化されたファイルシステムに保存されています。