MegaOak Telehealth

オンライン診療・カンファレンス支援サービス

中核病院に向けるオンライン診療と紹介患者の受入や転院調整といった施設間連携のオンライン化を実現したクラウドサービス※です。

MegaOak Telehealthのオンライン化のイメージ

導入メリット

電子カルテとの密な連携

電子カルテからのオンライン診療の予約や患者情報等シームレスな連携が可能となり、異なるシステムへの二重入力が不要です。また、患者取り違えなどのリスク軽減につながります。

カンファレンス支援による地域医療の連携サポート

地域の医療従事者間のオンラインカンファレスを実現できます。近隣病院への移動時間の短縮や自宅や病院の外でもカンファレンスを開催することができ医師の働き方改革を促進します。また、これまで対面での実施が原則であった診療報酬算定が、ビデオ通話ができる機器を用いた場合でも算定可能になり診療報酬面でも寄与します。

紹介予約・受入調整オンライン化による効率化

紹介・受入調整や紹介前コンサルタントなどをオンライン上で行えることにより、今までの電話やメール等の煩雑な業務を効率化できます。また、事前に患者情報を連携することが可能になり、病院間をまたいでもシームレスな医療の提供を行えます。

転院調整オンライン化による効率化

地域中核病院からリハビリ施設や介護施設などの転院先医療機関への転院調整をオンラインで行えます。電話やFAXで行っていた業務をオンライン化することにより、業務の負荷軽減と効率化が図れます。

  • 本製品はMegaOak Cloud Gateway を介して電子カルテシステムと連携しAWSのサービスと連動するクラウドサービスです。
  • 本製品は医療機器ではありません。

お問い合わせ