「運べないリスク」へ対処する!持続可能なサプライチェーンとは
物流データを活用し共同配送を

ドライバー不足の深刻化により、「運べない」ことによる事業継続の危機が迫っています。
事業リスクを回避し、持続可能なサプライチェーンを構築するためのNECの目指す姿と取り組みについてご紹介します。

NECの描く未来のロジスティクス

深刻化するドライバー不足
~2024年問題に向けて~

車両確保が困難に
物流コストは増加へ
物流網の維持が限界に

ドライバー不足が進行する一方、トラック積載率は年々低下。
2024年にはドライバーの労働時間規制が強化されることで、より深刻化することが想定されます。

共同配送による輸送リソースの有効活用

業種・業界を超えた共同配送を促進することにより、
輸送リソースを有効活用し、ドライバー不足の解消につながります。

1膨大な企業の物流データをセキュアに共有

2最適な共同配送パターンをシミュレーション

3環境に変化があれば、新たな物流網に切り替え可能

4コスト効率アップ!
トラック1台で運べる荷物量アップ!

資料ダウンロード

取組みのポイント

Point 1

物流データから、最適な共同配送パターンをシミュレーション

Point 2

オペレーション支援により、スムーズに共同配送へ移行

Point 3

輸配送実績をもとに、定期的に物流網をアップデート

お役立ち資料

資料ダウンロード

製造業における共同配送の位置づけと最新の取組事例についてご紹介

資料ダウンロード

製造業のサプライチェーンマネジメントには
なぜ「物流改革」が欠かせないのか?

コラムを読む