サイト内の現在位置

FAQ

技術支援情報

注意事項

障害通知機能に関する注意事項

実現方式の違いにより、従来のB4680プリンタ接続装置(TCP/IP版)/B4680プリンタ接続ボード経由時とは異なるタイミングでエラー通知される場合があります。

  • KSPプリンタ支援ソフトウェアは、PrinterSignalStationを利用して、プリンタ装置の障害情報を取得します。
WAN経由で印字を行う場合の注意事項

WAN経由で印字を行う場合は、回線性能を十分考慮していただく必要があります。

KSPプリンタ支援ソフトウェアをWAN環境で使用される場合は、プリンタ装置側LAN環境にプリントサーバを必ず設置し、「プリントサーバ印刷機能」で運用してください。

  • プリントサーバ印刷機能については、こちらを参照ください。
使用するポートについての注意事項

使用するポートについて、「標準TCP/IPポート(Standard TCP/IP Port)」ではなく、「NEC Print Server Port」を使用してください。「NEC Print Server Port」はNECのサイトよりダウンロードできます。

インストールについての注意事項

Windows 7 へKSPプリンタ支援ソフトウェアのインストール/アンインストールを行なった場合、以下のようなプログラム互換性アシスタント画面が表示されることがあります。

図:プログラム互換性アシスタント
  • “プログラム:不明なプログラム”、“発行元:不明な発行元”と表示されますが、特に問題ありません。
  • Express5800/600シリーズ(A-VX)向け製品(U型番製品)の場合

    InstallShield Wizardでエラーなくインストール/アンインストール完了していた場合“このプログラムは正しくインストールされました”を選択してください。

  • Express5800/100シリーズ(アプリケーション実行環境、ETOSJX)向け製品(UL型番製品)の場合

    インストール/アンインストール結果として正常終了したソフトウェア一覧にKSPプリンタ支援ソフトウェアが表示されていた場合は、“このプログラムは正しくインストールされました”を選択してください。
PrinterSignalStation設定時の注意事項

サーバ集中形態/プリントサーバ印刷形態において、KSPプリンタ支援ソフトウェア/PrinterSignalStationが動作するサーバ/プリントサーバへログオンしない状態で運用をする場合、PrinterSignalStation設定時にタスクスケジューラの設定を必ず行ってください。

<タスクスケジューラ設定方法>
PrintSignalStationの設定を行ったOS 設定方法
Windows Server 2012 / Windows Server 2008 R2 / Windows 8 / Windows 7 の場合  「ユーザーズガイド 3.1.2 PrinterSignalStationの設定」を参照のうえ設定を行い、下記<プロパティ>の設定も行ってください。
※Windows Server 2008 / Windows Vistaの設定方法を読み換えて設定を行ってください。
Windows Server 2008 / Windows Vista の場合 「ユーザーズガイド 3.1.2 PrinterSignalStationの設定」を参照のうえ設定を行い、下記<プロパティ>の設定も行ってください
Windows Server 2003 / Windows XP / Windows 2000 の場合 「ユーザーズガイド 3.1.2 PrinterSignalStationの設定」を参照のうえ設定を行ってください。

<プロパティ>
「ユーザーズガイド 3.1.2 PrinterSignalStationの設定」手順でタスクを作成後、作成したタスクのプロパティを開いてください。
設定タブより、“タスクを停止するまでの時間”のチェックを外してください。

  • チェックを外さない状態で使用すると、指定期間を過ぎると障害通知機能が利用出来なくなります。
図:PrintSignalStationのプロパティ
プリンタドライバのプロパティの設定についての注意事項

KSPプリンタ支援ソフトウェアの出力先に設定したプリンタのプロパティの「詳細設定」タブにある下記設定項目にはチェックを入れないでください。
・印刷後ドキュメントを残す

上記の設定のチェックを入れた場合、KSPプリンタ支援ソフトウェアでの印刷が行えません。