サイト内の現在位置

FAQ

技術支援情報

プリントサーバ印刷機能について

「プリントサーバ印刷機能」は、Express5800シリーズサーバ(上位連携ソフトウェア動作)からの印刷データをプリントサーバ(別サーバもしくは別クライアント)で受信し、プリントサーバ経由で印刷処理/障害取得処理を行うものです。


「プリントサーバ印刷機能」を利用することで、以下のようなメリットがあります。

サーバ負荷の軽減

KSPプリンタ支援ソフトウェアは、サーバ上で動作するソフトウェアであり、またWindows OSのスプーラやPrinterSignalStationを利用して印刷制御を行っています。
そのため、従来の印刷形態(B4680プリンタ接続装置/B4680プリンタ接続ボード経由)の印刷に比べてサーバ上で動作するソフトウェアが多くなります。

プリントサーバ印刷機能は、上位連携ソフトウェア(A-VX、アプリケーション実行環境)が動作するサーバ(アプリケーションサーバ)とは別にクライアントPC等のプリントサーバを設置し、プリントサーバでKSPプリンタ支援ソフトウェアの印刷制御を行うため、サーバ集中形態に比べ、サーバ上で動作するソフトウェアを少なくすることができ、サーバ負荷を軽減します。

図:プリントサーバ構成

WAN環境での運用

KSPプリンタ支援ソフトウェアをWAN環境で利用する場合は、プリンタ装置側LANに必ずプリントサーバを設置して「プリントサーバ印刷機能」で運用してください。

PrinterSignalStationによるネットワーク接続プリンタの監視では、サーバとプリンタの間にはSNMPの通信パケットがWAN回線(ルータ間の回線)上に発生します。
プリンタ装置側LANにプリントサーバを設置することにより、 SNMPの通信パケットはプリンタ装置側LAN内に留まるため、WAN回線上にSNMPの通信パケットは発生しません。

WAN回線への負荷を軽減し、SNMPの通信パケットを流すためのルータの設定変更作業を行う必要もなくなります。

図:WAN環境

印刷要求の一元管理

ネットワーク接続プリンタで印刷を行う場合、 PR-NP-06(LANボード)/PR-NP-07(LANアダプタ)は複数のサーバ/クライアントからの印刷ジョブを同時に受けてしまう可能性があり、正しい印刷結果が得られない恐れがあります。
複数のサーバ/クライアントから一台のプリンタ装置へ印刷する場合、プリントサーバを設置してプリンタに対する印刷要求を一元管理することで、それぞれの印刷結果を正しく出力することが可能です。

図:一元管理:正しい構成

図:一元管理:誤った構成