サイト内の現在位置

KSPプリンタ支援ソフトウェア

帳票印刷ソフトウェア

COBOL移行資産からマルチインパクトプリンタへのネットワーク印刷を提供。

概要

KSPプリンタ支援ソフトウェア は、従来システム *1 からの移行環境 *2 において、 COBOLアプリケーションおよび ホストアプリケーション(ACOS 連携)を使用したマルチインパクトプリンタへのネットワーク印刷機能 *3を提供するソフトウェアです。

2014年10月17日より COBOL アプリケーション実行環境 と連携して動作する「KSPプリンタ支援ソフトウェア Ver3.0」の出荷を開始いたしました。

※価格、型番、動作環境等については、各コンテンツを参照ください。

  • *1:
    S7200(A-VX2)、S3100S(A-VX5)、N5200(PTOS)等を中心として構築されたシステム
  • *2:
    Express5800シリーズを中心として構築されたシステム
  • *3:
    B4680プリンタ接続装置/B4680プリンタ接続ボード経由で実現していた印刷機能相当
  • アプリケーション実行環境(OPS 経由を含む)および A-VX 経由の印刷をサポートします。
  • 従来B4680プリンタ接続装置(TCP/IP版)/B4680プリンタ接続ボード経由でN型KSP系/MPP系プリンタに出力していた帳票を、PR型マルチインパクトプリンタに出力することが可能です。
  • 従来使用していたアプリケーション、外字等の資産の活用が可能です。
  • 基幹アプリケーションへのプリンタ障害を通知する運用が可能です。
  • LANボード/LANアダプタを使用したネットワーク接続プリンタへの印字が可能です。

最新情報

RSS