サイト内の現在位置

インターネットで何ができる?

知りたいことについて調べる(検索する)

情報の海から必要な情報を探し出す「検索サービス」

誰もが利用しているインターネットサービスの代表と言えば、何かについて調べる(何かに関する情報を探す)時に使用する「検索サービス」ではないでしょうか。インターネットにつながるコンピュータがどんどん増えていくと同時に、そこで提供・公開される情報も膨大になり、必要な情報を探し出すのが困難になってきました。そこで登場したのが「検索サービス」です。今では、ブラウザで知りたい情報のキーワードを入力したり、スマートフォンでキーワードを音声入力することで、情報の海から知りたい情報を探し出すことができるようになりました。

「検索サービス」利用のコツ

検索サービスを効率的に利用するには、ちょっとした工夫が必要です。たとえば「インターネット」と検索すると、インターネットの歴史や技術に関する情報やISP事業者のサービスに関する情報など、たくさんのリンクが表示されますが、これだけでは絞込みが不十分です。たとえばインターネットの歴史を知りたい場合は「インターネット 歴史」、インターネットの利用者数を知りたい場合には「インターネット 利用者数」といった風に複数のキーワードで検索することで、より自分の知りたい情報に近いリンクのみを表示することができます。
また、「情報活用能力」のような2つ以上の語が結びついた複合語を検索すると、「情報」「活用」「能力」それぞれ単体のキーワードでも検索されてしまいます。こんな時は、キーワードの前後をダブルクオーテーション(“”)で「“情報活用能力”」のように囲んで検索すると、複合語としての検索結果のみを表示することができます。