サイト内の現在位置

インターネットって何?

インターネットの利用拡大を支える2大トレンド

主流はPCからスマホ/タブレットへ

この10年インターネットを利用する際の端末にも大きな変化が見られます。総務省「通信利用動向調査(2016年)」のデータによれば、首位のPC=パソコン(58.6%)にスマートフォン(57.9%)が肉薄し、3位以降もタブレット型端末(23.6%)、携帯電話・PHS(13.3%)とモバイル端末が続いています(複数回答)。ここ数年の伸び率はスマートフォンがPCを上回っていることを考えると、2020年を待たずしてスマートフォンが首位に躍り出る可能性が高そうです。

Wi-Fiでどこでもインターネット

ひと昔前まで、PCでインターネットを利用するにはLANケーブルで接続する必要がありましたが、2000年以降Wi-Fi(無線LAN)の登場と普及によって、ケーブル接続不要でインターネットを利用できるようになりました。Wi-Fiはスマートフォンやタブレットでも利用でき、駅や公共施設、商業施設など、人が集まる場所に設置されたアクセスポイントに接続して誰でも無料でインターネットが利用できる公衆無線LANサービスも急速に拡大しています(利用できる場所を「ホットスポット」などと言います)。また、国を挙げて獲得に取り組むインバウンド(海外からの観光客)対策としても重要で、今後より一層の普及が期待されています。