ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. FC98-NXシリーズ
  5. FC-P30X
  6. 仕様
ここから本文です。

FC-P30X Series ~仕様~

仕様

項目 FC-P30X ※1
CPU ※2 インテル® Celeron® プロセッサー G6900E
  動作周波数 3.00 GHz
コア数/スレッド数 2コア / 2スレッド
キャッシュメモリ 4MB (Intel® Smart Cache)
システムバス 16GT/sDMI4 (メモリバス:3,200MHz ※3)
チップセット インテル® R680E チップセット
メモリ 最大32GB ※4 DIMM スロット×2
DDR4-SDRAM(PC4-21300V-E [DDR4-3200]) ECC機能付き
表示機能 ※5 インテル® UHD Graphics 710(CPU内蔵)
  ビデオRAM ※6 搭載メモリ容量の1/2
最大解像度 3,840×2,160ドット(QFHD 4K、1677万色) ※7
マルチディスプレイ機能 サポート
サウンド機能 インテル® R680E チップセット内蔵 + ALC888S-VD2 搭載
補助記憶装置 光学系ドライブ DVD スーパーマルチドライブ
ディスクドライブ ※9 ※10 NVMe SSD(100GB)、SATA SSD(240GB)、SATA SSD(500GB)、SATA HDD(1TB)
インターフェース
※11
USB※12 8ポート (前面:2ポート[USB 3.1 Gen1.0]、背面:6ポート[USB 3.1 Gen1.0])
シリアル 最大115,200bps D-sub9 ピン×2(オス)
ディスプレイ DisplayPort ×3
ネットワーク ※13 RJ45(1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T)LAN コネクタ×2、Remote Power ON 機能サポート、ジャンボフレーム対応
サウンド関連 ライン入力(ステレオ、ミニジャック)×1、ライン出力(ステレオ、ミニジャック)×1、
マイク入力(ステレオ、ミニジャック)×2、ヘッドフォン端子(ステレオ、ミニジャック)×1、モノラルスピーカ内蔵 ※14
拡張スロット
(フリーセレクション
による) ※11
PCI Express スロット1 PCI Express (x16)、PCI Express Base Specification Rev.3.0
スロット2 PCI Express (x4)、PCI Express Base Specification Rev.2.0
NVMe/
PCI Express ※15
スロット1 PCI Express (x16) PCI Express Base Specification Rev3.0
スロット2 M.2 Type2280 (NVMe SSD実装で占有済)
RAS機能 ソフトウェアRASツール添付 ※16
規格等 欧州RoHS 準拠、VCCI class B 適合
消費電力 ※17 ミラーリング機能搭載モデル 約130W (最大 約345W)
シングルディスクモデル 約118W (最大 約345W)
皮相電力 ※17 ミラーリング機能搭載モデル 約140VA (最大 約350VA)
シングルディスクモデル 約122VA (最大 約350VA)
発熱量 ※17 ミラーリング機能搭載モデル 約490kJ/h (最大 約1,242kJ/h)
シングルディスクモデル 約425kJ/h (最大 約1,242kJ/h)
省エネ法(2021年度基準)に基づくエネルギー消費効率 ※18 16.0 (区分1)
外形寸法 90.0(W)× 373.0(D)× 336.0(H)mm (ゴム足含む、突起部/コネクタ部/スタビライザは除く)
160.0(W)× 373.0(D)× 336.0(H)mm (ゴム足 / スタビライザ含む、突起部 / コネクタ部は除く)
質量 ※19 ミラーリング機能搭載モデル 約8.1㎏ (スタビライザ含む)
シングルディスクモデル 約7.4㎏ (スタビライザ含む)
NVMe SSDモデル NVMe SSD                約6.8kg(スタビライザ含む)
NVMe SSD+増設ディスク(ミラーリング) 約8.2kg(スタビライザ含む)
NVMe SSD+増設ディスク(シングル)   約7.5kg(スタビライザ含む)
付属品 リカバリDisc、バックアップDisc、AC電源ケーブル(日本国内仕様 (AC100V/110V専用))、ゴム足 など ※20
  • ※1:ドライバ提供OS(サポートOS)はWindows® 10 IoT Enterprise 2021 LTSC (64bit 版:日本語)。サポートOS用のドライバは、本体添付のバックアップDisc 媒体に格納。
  • ※2:使用環境や負荷によりCPU動作をダイナミックに変化させる制御機能を搭載。
  • ※3:1枚搭載時は2,933MHz
  • ※4:搭載メモリはフリーセレクションで8GB/16GBの中から選択可能。
  • ※5:本体のもつ解像度および表示色の能力であり、接続するディスプレイによっては表示不可
  • ※6:ビデオRAMは、メインメモリを使用。ご使用のOS等動作状況により利用可能なビデオRAM容量が変化。本製品のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMの最大値が変わる場合あり。
  • ※7:DP-DVI変換コネクタおよびDP-VGA変換コネクタを使用した場合、最大解像度は1,920×1,200ドット
  • ※8:DVDスーパーマルチドライブの仕様は以下のとおりです。
    CD-ROM:最大24倍速(読み込み)、CD-R:最大24倍速(読み込み/書き込み)、CD-RW:最大24倍速(読み込み)/最大10倍速(書き込み)、DVD-ROM:最大8倍速(読み込み)、DVD-Video:最大4倍速(読み込み)、DVD-R(1層):最大8倍速(読み込み/書き込み)、DVD+R(1層):最大8倍速(読み込み/書き込み)、DVD-R(2層):最大8倍速(読み込み)/最大6倍速(書き込み)、DVD+R(2層):最大8倍速(読み込み)/最大6倍速(書き込み)、DVD-RW:最大8倍速(読み込み)/最大6倍速(書き込み)、DVD+RW:最大8倍速(読み込み/書き込み)
    DVD ビデオ再生ツールは市販品をご利用ください。
  • ※9:お客様での交換および増設不可
  • ※10:ホットスワップ機能は未サポート
  • ※11:市販品のご利用にあたっては、事前にお客様にてご評価・ご確認ください。
  • ※12:接続する周辺機器および装置を利用するソフトウェアが、本インターフェースへの対応が必要。本製品のUSB3.1コネクタはUSB2.0機器の接続利用が可能。
  • ※13:ネットワークアダプターのチーミング機能は非サポート。
  • ※14:内蔵スピーカは、本製品のアラームを通知することを考慮して搭載しております。オーディオ再生などの際は、市販の外付けスピーカをご使用ください。
  • ※15:フリーセレクションでNVMeドライブを選択した場合、NVMe/PCI Express拡張スロットが自動的に選択されます。NVMe SSD搭載時、起動ドライブ(OSインストール先)はNVMe SSDとなります。(起動ドライブ変更不可)
  • ※16:ソフトウェアRAS ツールは未インストールのため、お客様でインストールが必要。ソフトウェアRAS ツールでは、ハードウェア状態監視機能・SMART 監視機能・ロギング機能をサポート。
  • ※17:本製品+キーボード+マウス+ディスプレイの構成で、CPUのコア(スレッド)をすべて有効にして本製品を動作させたときの測定値で表記。CPUのコア数(スレッド数)や動作周波数、本製品の動作条件によっては、記載している消費電力値より低くなります。
  • ※18:エネルギー消費効率とは、中央演算処理装置、補助記憶装置および、主記憶装置の消費電力あたりの性能を幾何平均して得られる数値。
  • ※19:出荷構成(本体のみ[ミラーリング機能搭載モデル:HDD×2台、シングル ディスクモデル:HDD×1台、NVMe SSDモデル:NVMe SSD、HDD×2台、HDD×1台、メモリ:8GB搭載] / 光学系ドライブ搭載)での測定値
  • ※20:キーボード/マウスは未添付

ページの先頭へ戻る