ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CSVIEW/VoiceOperator
  4. 動作環境
ここから本文です。

CSVIEW/VoiceOperator - 動作環境

CSVIEW/VoiceOperatorは、アナログ版SIP版をおよび、、Aspire UXと連携するお得なセット製品もご用意しております。さらに、音声合成につきましては、ガイダンス音声ファイル(WAVファイル)作成のみに使える製品も用意しております。詳しくはシステム構成をご参照ください。

CSVIEW/VoiceOperator Ver8.2 アナログ版

対応機種

Express5800 100シリーズ(音声処理ボードを搭載可能なスロットを有するモデル)

対応OS

Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016

メモリ容量 搭載メモリ4GB以上推奨 (音声合成使用時は 8GB以上推奨)
音声合成オプション使用時:
300MB+36MB×回線数 を占有
ディスク容量 開発キット:50MB以上
ランタイム:50MB以上
音声合成オプション使用時:6GB以上
統計情報オプション:1GB以上(統計情報管理DB)
運用管理オプション:2GB以上
録音ファイル管理オプション:1GB以上(音声管理DB、ユーザ管理DB)
OAIリンクオプション:100MB以上
必須ハードウェア(選択必須) 音声処理ボード
※製品名、型番等は本ページ末尾の「音声処理ボート」をご参照ください。
必須ソフトウェア VC++2008 ランタイム
音声合成オプション使用時:.NET Framework3.5 以上
※音声処理ボードドライバは本製品に添付。
最大回線数 1サーバあたり、72回線  (ただしボード搭載可能数制限により 24回線が上限)
同時実行数 1サーバあたり同時処理可能な最大回線数
音声合成オプション      50回線
音声合成オプション(英語)    20回線
開発環境 Microsoft Visual Basic .NET(2008/2010/2012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C# (2008/2010/2012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C++ (2008/2010/2012/2013/2015/2017)

CSVIEW/VoiceOperator Ver8.2 SIP版/標準SIP版

対応機種 Express5800/100シリーズ
対応OS Windows Server 2012,
Windows Server 2012 R2,Windows Server 2016
メモリ容量 搭載メモリ 4GB以上推奨(音声合成使用時は 8GB以上推奨)
音声合成オプション使用時:300MB+36MB×回線数 を占有
ディスク容量 開発キット:50MB以上
ランタイム:500MB以上(音声合成オプション使用時:6GB以上)
統計情報オプション:1GB以上(統計情報管理DB)
運用管理オプション:2GB以上
録音ファイル管理オプション:1GB以上(音声管理DB、ユーザ管理DB)
OAIリンクオプション:100MB以上
自動応答オプション:1GB 以上
最大回線数 1サーバあたり、100回線(SIP回線)
同時実行数 1サーバあたり同時処理可能な最大回線数
音声合成オプション      50回線
音声合成オプション(英語)  20回線
自動応答オプション  CPUスコア数分
対象交換機 SV9500、SV8500
Codec(RTP) G711(PayloadSize20)
開発環境

Microsoft Visual Basic .NET(2008/2010/2012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C# (2008/2010/012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C++ (2008/2010/2012/2013/2015/2017)

*標準SIP版は内臓ハンドラ方式に対応します。
*標準SIP版はSV側に下記ライセンスが必要です。
 SV85 HARD-SA CL(1) LICS / SV95 HARD-SA CL(1) LICS
*SIP版(拡張SIP版)はSV側に下記ライセンスが必要です。
 SV85 HARD-NA CL(1) LICS / SV95 HARD-NA CL(1) LICS
*標準SIP版はIP-DTG接続、マルチライン機能には対応していません。

CSVIEW/VoiceOperator for Aspire 基本(SIP8回線) Ver8.2

対応機種 Express5800/100シリーズ
対応OS Windows Server 2012、
Windows Server 2012 R2、
Windows Server 2016
メモリ容量 搭載メモリ4GB以上推奨(音声合成使用時は 8GB以上推奨)
音声合成オプション使用時:300MB+36MB×回線数 を占有
ディスク容量 基本:550MB以上
統計情報オプション:1GB以上(統計情報管理DB)
運用管理オプション:2GB以上
録音ファイル管理オプション:1GB以上(音声管理DB、ユーザ管理DB)
音声合成オプション:6GB以上
自動応答オプション:1GB以上
最大回線数 1サーバあたり、100回線(SIP回線)
同時実行数 1サーバあたり同時処理可能な最大回線数
音声合成オプション      50回線
音声合成オプション(英語)  20回線
自動応答オプション   CPUコア数分
対象交換機 Aspire WX
Codec(RTP) G711(PayloadSize20)
開発環境

Microsoft Visual Basic .NET(2008/2010/2012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C# (2008/2010/2012/2013/2015/2017)
Microsoft Visual C++ (2008/2010/2012/2013/2015/2017)

音声処理ボード

  • *
    2016年度まで無償提供となっておりました「Dialogic社保守サポート」が、2017年度から有償になりました。
    これに伴いまして1年保守付、3年保守付、5年保守付の型番を4回線、12回線それぞれの音声処理ボードで提供します。
  • *
    2017年3月31日以前に購入いただきました音声処理ボードにつきましては、不具合、故障発生時のテクニカルサポート、解析対応は有償対応(個別見積)になります。
  • *
    Dialogic社保守サポート内容>不具合、故障発生時のテクニカルサポート、解析対応
     
製品名 4回線音声処理ボード D4PCIUFEQ 12回線音声処理ボード D120JCTLSEW
型名 THW-B02S43007 THW-B02S43009 THW-B02S43011 THW-B02S43008 THW-B02S43010 THW-B02S43012
保守サポート期間 1年 3年 5年 1年 3年 5年
拡張スロット PCIe仕様
※ 12回線音声処理ボードは PCI Express x4以上のスロットで動作
回線仕様 一般公衆回線/PBX(アナログ2線式)
回線数 4回線 12回線
電話機能 自動発信/受信/転送/PBトーン認識
発信者番号認識 あり
FAX機能 なし
対応機種 個別対応いたします。
本ボードのご利用をご検討の際はお問い合わせください。
必須ソフトウェア 上記型名のボードを購入の場合には、CSVIEW/VoiceOperator Ver8.2媒体に添付

CSVIEW/VoiceOperator 音声合成エントリー Ver8.2

対応OS Windows Server 2016,Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,
Windows10,Windows8.1,Windows7
必須ソフトウェア

VC++2008ランタイム、.NET Framework3.5

  • *本ページに記載の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る