サイト内の現在位置を表示しています。

社長メッセージ

社会から受け入れられる、
社会に必要とされる会社にしていきたい。

代表取締役執行役員社長 兼 CEO 新野 隆

NECは、1899年の創業時から、「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーに、ITやネットワークを中心とするプロダクトやサービスの提供を価値として、お客さまと社会に貢献してきました。また2014年にはブランドステートメント「Orchestrating a brighter world」を策定し、社会課題起点での事業をより一層進めています。

2017年度は、2020中期経営計画の発表を機に、ESG視点の経営優先テーマである「マテリアリティ」として9のテーマを特定しました。これは、NECが社会に価値を提供するために119年間継続してきた取り組みを社内外のステークホルダーに改めて明示し、グループ一丸となって一層取り組んでいくことを宣言したものです。

NECは2005年に人権、労働、環境、腐敗防止を原則とする「国連グローバル・コンパクト」に署名し、NECの事業活動が社会に与える負の影響を最小化することに努めていますが、今回マテリアリティを特定するにあたっては、社会への価値創出に貢献できるテーマであることも重視しました。

また各マテリアリティの名称には、NECが目指す姿や決意を盛り込みました。たとえば、今回特定したテーマの1つである「ICTの可能性を最大限に広げるセキュリティ」は、NECの情報セキュリティ、サイバーセキュリティソリューションをお客さまにお使いいただくことをとおして、自社に与えるリスクを最小化するだけでなく、豊かで安心に暮らせるセキュアな社会づくりに貢献したいという思いを込めています。

NECがその一員である住友グループには、約350年前から受け継がれている「確実を旨とし浮利に趨(はし)らず」という事業精神があります。目先の利益を追わず、信用を重んじ確実を旨とする精神は、サステナブル経営の神髄と言えます。そして、この精神はSDGsの理念とも合致します。

NECの存在意義は、事業活動をとおして社会に価値を提供し続けることにあります。NECグループは、社員の一人ひとりがお客さまをはじめとする社会の声に耳を傾け、社会課題解決に向けた価値創造の実行力を高めることで、社会に受け入れられ、そして、社会に必要とされる会社となってまいります。

2018年7月