サイト内の現在位置を表示しています。

情報開示方針

基本方針

NECが社会価値創造に向けた事業活動を進めるにあたって、ステークホルダーのみなさまとのコミュニケーションは、企業の社会的責任を果たすという観点だけでなく、お客さまや社会の本質的な課題を理解する機会となる点でも重要な取り組みであり、ESG(環境・社会・ガバナンス)視点の経営優先テーマ「マテリアリティ」のひとつとして位置づけています。
サステナビリティWebサイトおよびサステナビリティレポート(PDF形式)は、そのコミュニケーションのためのツールとして、サステナビリティに関連する取り組みと成果をESG視点に分類して開示しています。また、NEC統合レポートでは、マテリアリティへの取り組みを中心としたサステナビリティレポートのエッセンスと、財務活動報告である「有価証券報告書」のエッセンスを紹介しています。

情報対象範囲

原則として、日本電気(株)および国内外の子会社、関連会社を含む情報を開示しています。
なお、「当社」は日本電気(株)のみに適用する情報です。
「サステナビリティに関する進捗」に掲載されている中期目標は、2018~2020年度を対象にしています。

開示種類

サステナビリティ Web サイトおよびサステナビリティレポート(PDF形式)

サステナビリティ Web サイトでは、サステナビリティへの取り組みの最新情報を随時公開しています。また、GRIをはじめとする国際的イニシアティブとの整合のため網羅性を重視し、ESG調査機関、メディア、大学、NPO・NGOなどサステナビリティ専門家の方々のニーズにも対応しています。
サステナビリティ Web サイトに掲載している「サステナビリティレポート」(和文)は年次報告書として毎年7月にPDF形式で公開しています。前回の和文レポートは2018年7月に発行しました。

NEC統合レポート

社会とNECの持続可能な発展に向けたNECの経営戦略を、財務・非財務の双方から説明しています。2013年度より、従来の財務報告を中心としたアニュアル・レポートと非財務情報のハイライトを統合して「アニュアル・レポート」として発行してきましたが、2018年7月にマテリアリティを特定したことを機に「統合レポート」と改称しました。

参考としたガイドライン

国際的なイニシアティブとの整合を目指し、以下のガイドラインを参考にサステナビリティの取り組みを報告しています。

  • GRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン スタンダード
  • 国連グローバル・コンパクト
  • ISO26000

上記のほか、SASB サステナビリティ会計基準(Sustainability Accounting Standard)も参考にしています。