サイト内の現在位置

CASEWORLD - 製品概要/特長

製品概要 ー PC製品(DD-Win)

CASEWORLD/DD-Win(BF) -統合開発資産管理環境基盤

PCサーバ上のローカルリポジトリの管理をします。また、CASEWORLD/BEと連携してACOSより配信された共通資産(仕様、用語)をローカルリポジトリに格納します。

CASEWORLD/DD-Win(BASE)-詳細設計支援機能・統合アプリケーション開発環境

ACOS、PCサーバとの通信を行います。また、仕様の保守(仕様の変更、削除、複写、移動、名前変更)、仕様書出力などの指示とツールの動作環境を定義します。
目次定義、画面定義、ファイル・表定義、帳票定義、用語定義、リポジトリ検索を行うことができます。

CASEWORLD/DD-Win(PD) -詳細設計支援機能・IDLⅡプログラム開発支援機能

IDLⅡプログラム、IDLⅡ部品、IDLⅡパターンを専用のエディタで定義します。


CASEWORLD/DD-Win(CB) -詳細設計支援機能・COBOLプログラム開発支援機能

パターンのカスタマイズやCOBOLプログラムの作成を専用のエディタで定義します。


CASEWORLD/DD-Win(MD) -詳細設計支援機能・モジュール設計支援機能

IDLⅡプログラムをモジュール構造を用いた専用のエディタで定義します。


CASEWORLD/DD-Win(OL) -詳細設計支援機能・オンライン帳票設計支援機能

VISプログラムで使用する端末帳票の様式や送信するデータ項目および編集方式をビジュアル的に定義します。


CASEWORLD/DD-Win(PG) -詳細設計支援機能・ローカルプロダクト生成支援機能

PrintPort対応のフォームオブジェクトを作成します。