サイト内の現在位置

スクラムボードゲームでアンチパターンを卒業しませんか?

スクラムボードゲームでアンチパターンを解消!

スクラムチーム*1でよく陥りがちなアンチパターンと呼ばれる事象があります。この事象を楽しみながら解消できる『スクラムボードゲーム』を作成しました。社外イベント『スクラムフェス大阪2021』にて、『スクラムボードゲーム』の講演とワークショップを実施したところ、高評価をいただきましたのでご紹介します。

  • *1
    アジャイル開発を行う上で、その手法の一つであるスクラムを実践する基本単位です。
    プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発者で構成されます。

アンチパターンとは

みなさまのなかで、スクラムを実施する過程において、以下のようなことは起きていないでしょうか?

  • タスクに担当者を割り当てている
  • 上位者(声の大きい人)の意見がバックログに優先的に採用されている …などなど

これらの事象はスクラムではアンチパターンと呼ばれており、チームで活動していると気づかないことがよくあります。このような状況が続くとチームとしても改善、成長ができにくくなってしまいます。
こうした事態を解消するため、有志を募ってボードゲームを開発しました。事前にアンチパターンについて楽しく学ぶことができ、気づきを得ることのできる『スクラムボードゲーム』です。Webブラウザを利用してオンラインでプレイできるので、コロナ禍においてもリモートで楽しむことができます。

『スクラムボードゲーム』とは

『スクラムボードゲーム』ではプレイヤーはプロダクトオーナー*2となってスクラムイベントごとに用意されたカードを順番にめくり、そこに記載された様々なスクラムあるあるをチームで経験しながら成長していくことになります。実際のスクラムと同様に各ロールが自分の役割を果たしながら価値あるプロダクトを開発し、お金を稼いでいくゲームです。

  • *2
    プロダクトの責任者。ROI(費用対効果)に責任を持ち、要件の内容と優先順位を決定する責務を負います。
『スクラムボードゲーム』プレイ画面

カードの例:
「開発者が傾聴スキルを持たない場合、開発者の一人が癖の強いコーディングをしてしまい、他の開発者が読めなくなってしまった。開発者の開発力 -2」
「チームを1つ指定し、そのチーム間で相互見学会を行い、参考になった。指定したチームと自チームのコミュニケーション能力 +1、開発力 +2」

『スクラムボードゲーム』の効用

この『スクラムボードゲーム』を実践していく過程で、プレイヤーは以下のような気づきを得ることができます。

  • 自分のチームがよくあるスクラムの失敗と同じ失敗をしないように注意できる
  • 良いやり方があることを認識できる
  • 自分がアンチパターンを行ってしまっていることに気付くことができる。
  • アンチパターンを行っている人をゲームに誘うことにより、アンチパターンを行ってしまっていることに自ら気付いてもらうことができる。
  • チームでプレイすることでスクラムに対する認識を共通のものにできる。

「スクラムフェス大阪2021」にて

Workshop Details スクラムボードゲームで楽しく学びを得ませんか?

2021年6月26日に開催された「スクラムフェス大阪2021」において、『スクラムボードゲーム』を開発する上でアドバイザーを快く引き受けてくださいましたアジャイル界隈では著名な安井 力(やっとむ)さんに登壇いただきました。講演とワークショップを実施しましたが、スクラムを題材としたボードゲームは当時ほぼ存在しておらず、注目を集め高評価をいただく結果となりました。
以下に、いただいたコメントをご紹介します。

  • 楽しかったです!ありがとうございました!
  • ありがとうございました。後でビデオを見るのと違って、オンラインでリアルタイムに参加できて、とってもよかったです。
  • アンチパターンを知ることができ、自分のチームでも気を付けないといけないと思いました。
  • 楽しかったです。もっと長く2、3時間かけてやりたいです。
  • このゲームを使ったイベントも他に考えられそうです。お声がけさせていただくかもしれません。

おわりに

『スクラムボードゲーム』はプレイしていただいた方々の意見を反映しながら改良をし続けています。ぜひ体験していただき感想をお聞かせください。ご希望の方は、NECアジャイル推進グループ(agile@swe.jp.nec.com)までご連絡をお願いいたします。