ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE
ここから本文です。

IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE

title:IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE

一歩先いくIoT/M2Mサービスを実現。 CONNEXIVE(コネクシブ)は、本格化するIoT/M2Mのスピーディな導入をご支援するソリューションです。

IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE(コネクシブ)

Fig. CONNEXIVEロゴ

あらゆるモノ”をつなげる、あらゆるモノが“つながる”世界を創造していくという意味を込めて、CONNECT「つなぐ」×IVE「~の性質を持つ」からCONNEXIVE と名づけました。

※「CONNEXIVE」は日本電気株式会社の登録商標です。

大きな可能性を持つIoT/M2Mが注目されています。

携帯電話ネットワークや無線LANなどのモバイルネットワーク環境の進展と、ネットワークにつなぐための部品の小型化・高性能化・低価格化などにより、あらゆるモノ(家電製品、自動車、自動販売機、産業機械、設備…etc.)が、ネットワークに容易につながるようになりつつあります。

M2Mとは、“Machine to Machine”の略で、これまで通信機能を持たなかった機器や装置がネットワークでつながり、人の手を介さずに直接通信を行うことにより、機器・装置の管理や監視、機器・装置からのデータ収集、機器・装置を通してのサービスの提供などを行うことを指します。

IoTとは、“Internet of Things”の略で、M2Mが、人(の制御)を介さない閉じた範囲でのやり取りなのに対し、IoTはあらゆる全てのもの(人も含む)が繋がって行われるやり取りを指します。

IoT/M2Mの対象となる機器・装置は、日本そして世界中に膨大な数で存在し、さまざまな分野でさまざまな働きをしています。これらがつながると、あらゆる分野でIoT/M2Mによる新しいサービスの誕生やプロセスの革新、業務の効率化などが大きく進展すると期待されています。

IoT/M2M概念図IoT/M2M概念図

IoT/M2M導入における、これまでの課題とは。

IoT/M2Mを活用したサービスを実現しようとすると、例えば、各地にセンサ機器(デバイス)を分散・設置し、広範囲なネットワークを介して情報を収集するといった大規模なシステムの構築と運用が必要となります。そのため、システム投資が多大となり、これまで特定分野の一部の大手企業しか導入できないという課題がありました。

CONNEXIVE が、課題を解決し、一歩先いくIoT/M2Mサービスを実現します。

NECは、こうした課題を解決するために、IoT/M2Mサービスに必要な基本機能を組み込んだIoT/M2Mサービスプラットフォームを開発し、それを「CONNEXIVE」として提供することで、短期間、低コストでのIoT/M2Mサービスの実現をご支援いたします。

メニュー体系

CONNEXIVE は、クラウド、個別製品、サポートサービスの3つで構成されています。

  • バナー: ちばみどり農業協同組合様「事例」
  • バナー: 優れた農家の匠の技を見える化
  • バナー:M2M資料 ダウンロードのご案内

ページの先頭へ戻る