ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. OSSライセンス・コンプライアンス コンサルティング・サービス
  5. 第9回著作権・著作隣接権論文 佳作入選
ここから本文です。

第9回著作権・著作隣接権論文 佳作入選

公益社団法人著 作権情報センター CRICが2013.09.03に発表した
「第9回著作権・著作隣接権論文募集」入賞論文決定で、
本サービスの提供者・姉崎章博が応募した
OSSライセンスとは~著作権法を権原とした解釈」が
佳作に入選しました。

論文要旨

「著作権・著作隣接権論文集 第9回」は、 CRIC資料室東京都立図書館、など
で閲覧できます。

「公的機関も評価した論証」に基づく、本サービスを是非、ご検討ください。

お客様・関係各位から様々な感想をいただきました。
ありがとうございます。


ご入選おめでとうございます。
確かに、ネット上には様々な情報があり
お互いに矛盾していたり、首を傾げたくなるものが多くあると感じております。
姉崎さんの講義を受けていなかったら、
それらを鵜呑みにしていたであろうと怖くなることがあります。

社内的にOSSライセンスへの関心が薄れないように
機会があればまた講義をお願いしたいです。
[ケータイ・メーカ様]
おめでとうございます。
OSS著作に対する認識や理解の促進は業界を挙げて取り組む必要のある
大変重要な事案と理解しています。
御社の様に組織的に業界貢献される素地のあることは心強いことだと思います。
是非、益々のご活躍をと祈念しております。
[車載・音響映像機器メーカ様]
この度は、論文入選おめでとうございます。
早速、論文要旨を拝見させていただきました。

OSSライセンスの解釈は曖昧な部分が多く、姉崎様からいろいろとご教授いただき、
ようやく我々もOSSを搭載した製品を出荷させていただくことができました。
大変感謝しております。

今後ともよろしくお願いいたします。
[カーナビ・メーカ様]
私が訪問するお客様の中には、
組込み系に近い分野の方や、IT系であってもOSSを使ったことがない方は、
OSSの法的解釈に対して、正しい理解がなく、
それがゆえに過大なリスクを感じられている人が多いように思えます。

姉崎様の論文等により、正しい理解が広まり、
OSSの普及につながればと思います。

今後ともよろしくお願いします。

[ミラクル・リナックス 伊東達雄様]
ご入選、おめでとうございます。
OSSについての論文が、著作権についての大家といえる先生方から
評価されるというあたり、素晴らしいですね。

引き続き、よろしくお願いいたします。
[日経Linux 手嶋透様]
入選されたとのことで、おめでとうございます。
さすがですね。

先日のセミナーの件は聞きました。
弁護士が間違った解釈をしてしまうと(悪い)影響が大きいですね。

是非、姉崎様に今後ともご活躍いただき、正しい理解を皆さんにしていただけるようになればと願います。

機会があれば、また弊社でもよろしくお願いいたします。
[光学機器メーカ様]
姉崎様が書かれた論文の入選おめでとうございます。

何事も論文として纏め応募し入選を果たすことは並大抵のことでは出来ません。
本当におめでとう御座います。
[LPI-Japan 成井弦様]

ページの先頭へ戻る