ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. Linuxサービスセット
  5. RHEL7の対応について
ここから本文です。

RHEL7の対応について

2016年3月25日 更新

レッドハット社は2014年6月10日(現地時間)にRed Hat Enterprise Linux 7 (RHEL7)の提供を開始しました。
これに伴い、NECでもRHEL7のサポートを開始しました。

RHEL7の特徴

  • 従来のsysV initに代わり、systemdを採用
    • 初期化スクリプトの並列実行を可能にしているため、起動時間が短縮
    • cgroupを利用したプロセス管理により、プロセスの誤停止や停止もれがおきにくい
    • systemdはinitだけでなくcronやsyslogなども代替、またudevも統合
  • 動的なファイアウォール制御が可能なfirewalldを採用
  • デフォルトのファイルシステムとして、スケーラビリティおよびパフォーマンスに優れるXFSを使用可能。 (ただし、実績の多いext4の使用を推奨します)
  • 64bit(x86_64)版のみの提供
    (32bitバイナリは、互換ライブラリを使用して実行可能)

対応環境

対応環境については、下記をご確認ください。

  • ネイティブOS環境(ハードウェア上での直接動作)Linuxサービスセット対応モデル
  • SANブート環境SANブート環境
  • 仮想化環境
    • ・VMwareまたはHyper-V(*)の場合 :仮想化環境
    • ・KVMを使用する場合(ゲスト/ホスト) :KVM

    (*)Hyper-V上での使用のサポートについては弊社担当営業までご相談ください。

参考情報

ページの先頭へ戻る