ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. Linuxサービスセット
  5. 動作環境
ここから本文です。

Linuxサービスセット - 動作環境

LinuxサービスセットはExpress5800シリーズの主要なサーバでご利用いただけます。
ネイティブOS環境(ハードウェア上での直接動作)、SANブート環境、仮想化環境に対応しています。

ネイティブOS環境(ハードウェア上での直接動作)

Express5800シリーズでは、対象サーバへのプリインストール(※)でご利用いただけます。

  • (※) 一部対象外の組み合わせもございます。

Express5800/100シリーズ・SIGMA BLADE

Linuxサービスセット対応モデル

各サーバモデルとディストリビューションの対応一覧です。

オプション装置対応状況・システム構成

Linuxサービスセットで利用可能なオプション装置・システム構成について

クラッシュダンプについて

ダンプを採取可能に設定する場合のカーネルバージョンとハードウェアの要件です。

SANブート環境

ブレードサーバを効率よく稼動させることの出来るSANブート環境に対応しています。

SANブートには、一般的に以下のような特長があります。

  • SANストレージの各種機能により、OS/データ領域が保護されること
  • SANストレージのバックアップソリューション利用により、バックアップ運用が容易となること
  • サーバHW障害時、予備機に切り替えることが可能で、システム運用が容易となること

SANブートのイメージ図

仮想化環境

VMware ESX、VMware ESXi、Hyper-Vの仮想化環境に対応しています。
Linux OS(ディストリビューション)を仮想化環境のゲストOSとして動作させることが可能です。
また、Linuxカーネルに統合された仮想化機能KVMによって、仮想化ホストとして使用することもできます。

仮想化環境を利用することにより、以下のような効果が期待できます。

  • サーバ統合(サーバの物理台数削減)による資源の有効活用
  • 効率的な開発・テスト環境の構築:開発環境とテスト環境の共存など
  • 可用性、運用性の向上

仮想化環境

ページの先頭へ戻る